FC2ブログ

8月15日のフネブネ…4

(『8月15日のフネブネ…3』のつづき)

254081.jpgさらに下って、永代橋で行逢したのは、「ホタルナ」。

何度も似たようなことを書いて恐縮ですが、高潮位時に水上バスの橋くぐりを見物するのは、実にスリリングですり抜けマニアとしてはクセになるものが。マンガなら「ズリュン!」とでも擬音をつけたいところです。



254082.jpg
汐見運河で唯一、河上にクレーンを張り出させた建屋を持つ、マエカワヤンマー販売。修理に訪れるさまざまな船影を眺めるのが、楽しみなところでもあります。

この日は豆曳船「久慈丸」に目が釘付け。前傾した後端と垂直でスクエアな妻のコンソールが醸し出す、野暮ったいながら飄々とした雰囲気にまず惹かれました。エンジンケーシングから突き立ったエクゾーストも、とぼけた味を醸していていいじゃないですか。働き者らしく、舷側がだいぶ汚れていますから、キレイにしてあげてほしいものです。

254083.jpg‥‥さて、辰巳の浮きドックでは「みかづき」の進捗を拝見しましたが、本社の方は新たな建造船艇はないかしらと、墨田川造船にも寄り道。

桟橋には船影がなかったものの、建屋のシャッターが開いていて、中が見えますね。むむっ、アレは!



254084.jpg
巡視艇? を2隻建造中だ!

右の艇は工程がだいぶ進んで、甲板室が載せられていますね。左のそれはまだ船殻の工作中なのか、天地をひっくり返され船底を上に向けていました。巡視艇か、灯台見回り船などほかの種類なのか‥‥これから寄り道が楽しみになりました。

254085.jpg
最後は船ではありませんが、おなじみ過ぎるほどおなじみのイグアナ先生で締めとまいりましょう。

梅雨時はこのまま秋になるのかしら、などというほどの涼しさでしたが、律義に酷暑はやってきてまあ、ツラいひと月ではありました。これを書いている9月半ばはすでに朝夕が肌寒いほど、寄る年波にはコタエる季節の変わり目であります。
撮影地点のMapion地図

(令和2年8月15日撮影)

(『8月15日のトリさん』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村
関連記事

タグ : 隅田川 汐見運河 東雲北運河 墨田川造船 イグアナクレーン 曳船 水上バス