FC2ブログ

6月7日の隅田川…1

(『6月7日の岩淵水門』のつづき)

252051.jpg
岩淵といえば、ここを定繋地とする国交省の清掃船を見ることができるのも、楽しみの一つです。こちらは「ちどり」。フネ離れというと失礼ですが、重機を思わせる外観が特徴のカタマラン。平成29年10月「隅田川上流のフネブネ」で見たときとくらべると、塗色がだいぶ色褪せてきましたね。

252052.jpg
いま一隻のカタマラン清掃船、「水明号」を船尾側から。豪雨の後だからでしょう、水線付近は泥色に染まっていました。

252053.jpg
少し下れば、日本化薬専用渡船の「しんでん」も。船尾に引っかかった浮流物が溜まっていて、豪雨時の厳しさが想われました。

ところで、以上3隻、揃って下流側へ船首を向けてもやっていますね。通常は流速もそうないので問題は起きないのでしょうか、今回のように豪雨でゴミが流れてくるとなれば、平たいトランサムではこのように溜まって、抵抗となり最悪ロープが切れ、転覆の危険も考えられます。やはり川舟のセオリーに沿って、上流に船首を向けて繋留するのが無難ではありますね。

252054.jpg少し下り、下水道局神谷ポンプ所と樋門が見えるところにあった、水上バスも横付けできそうな立派なポンツン桟橋の船着場が。前回通ったときもあったかな? 例によって、気づいていないだけだとは思いますが。

この下流、新神谷橋の近くに、水辺ラインの寄港地である神谷船着場がありますから、水上バス用とは考えづらいですね。防災船着場の名目で造られたのでしょう。
撮影地点のMapion地図

252055.jpg‥‥しかしまあ、浮流物が目立ちますね。荒川でも結構見られましたが、河道が狭く、また新河岸川からの合流がある分濃縮(?)されるのか、すごく増えた気が。

ぶつかったらステム(船首材)のFRPが欠けてしまいそうな、大きなものも少なくありません。写真はその中でも群を抜く大きさだった合板! タタミ一畳はあったでしょうか。くわばらくわばら、衝突したらタダでは済みますまい。

(令和2年6月7日撮影)

(『6月7日の隅田川…2』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村
関連記事

タグ : 隅田川 清掃船 渡船