広島の水上バス…2

(『広島の水上バス…1』のつづき)

9031.jpgお客さんは各ボックスに一人づつ程度と、ほどよい混み具合で定刻に出港。風のないおかげで、一面に蒙気が立ち込めるあいにくの天気ですが、波は静かで、乗り心地は上々です。

エンジンの爆音はますます高まり、船は船首をぐっと高めて、スピードを上げてゆきます。これって…もしかしてプレーニング(滑走状態)に入っているの?

9032.jpg乗るまで気づかなかったのですが、この航路の船は、れっきとした高速船なのですね。姿勢の低い、いかにも水上バスといった姿からは想像できない韋駄天ぶりで、広島湾を切り裂いてゆきます。

ちょうど下り便が反航してきて、その走りぶりを見ることができました。船員さんによると、ボルボ製のエンジンを搭載しているのだとか。ちょうどお客さんに、スゥェーデンから来た人がおり、船員さんは「あなたの国のエンジンを積んでいる」と、熱心に説明していました。

9033.jpg宮島の最北端、聖崎沖を通過するとき、船員さんの示す方を見ると、石造りの灯明台が。この小島は蓬莱岩という岩礁で、海難防止のため、江戸末期に灯明台が造られたのだそうです。

これに毎晩灯りをともすのは、大変な仕事だったことでしょう。今は見たところ、石造部分しか残っていないようでしたが、かつては木造の足場や、油障子をはめ込んだ火屋があったに違いありません。

9034.jpg激走(?)20分、クレーンの林立する港湾風景が近づいてきました。三菱重工の広島工場ですね。

船員さんの説明では、ボーイングの航空機部品を製造しているのだとか。写真では陰になっていますが、右手の建屋側面には、ジャンボ機の絵が描かれていました。


9035.jpg三菱重工を左手に見て、さて、いよいよ本川(旧太田川)へ進入です。

船足は次第に落ちて、船首が下がってきました。もはやじっとしていられません。勢い込んで、船員さんに「外に出ていいですか?」と声をかけると、気圧されたようにハッチを開けてくれました。
さあ、ここからが本番だ!
撮影地点のMapion地図

(21年7月5日撮影)

(『広島の水上バス…3』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村
関連記事

タグ : 広島 本川 アクアネット広島 水上バス

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する