FC2ブログ

ひたすら満開の桜…6

(『ひたすら満開の桜…5』のつづき)

249026.jpg
日本橋の橋詰広場にも、一本のみながらボリュームのある桜が咲き誇って、華麗な装飾で知られる親柱と覇を競い合っている感が。袖高欄の直下、凹部の淀みには浮いた花弁が渦を巻いて、花筏まであと一歩。水面まで春めいているのはいいですね。

249027.jpg
鎧橋の橋詰にも1本。あれ、もう葉桜がずいぶん‥‥と思ったら、下から蔦に絡まれているだけでしたか。浸食されて枯れてしまわないか、ちょっと心配になります。イカした高欄、先代橋から引き継いだレンガの橋台、そして証券取引所と一緒に。

249028.jpg
湊橋上流の桟橋横にも、数本レベルですが桜並木があって、もやうフネブネにチラチラと花弁を降らせ、いい雰囲気ですね。

249029.jpg
顔なじみの曳船「第一たか丸」も、枝を差しかける真下でお花見しながら憩う姿が見られ、何とものどかで春らしい川景色であります。

249030.jpg
日本橋川を出て右へ舵を切れば、佃島の堤上に横一線となった大群が咲き乱れ、派川の川面に彩りを添える例年通りの風景。時節柄、桜に誘われてそぞろ歩く人影もまれで、水路を行きかう船もぐっと少なく、この点寂しいものがありましたが、好天の下、元気な桜たちの佳い表情が堪能できて、出かけてよかったと思えたのでした。

(令和2年4月4日撮影)

(『4月4日のフネブネ』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村
関連記事

タグ : 日本橋川 隅田川派川 高架下水路 曳船