fc2ブログ

令和元年度川走り納め…5

(『令和元年度川走り納め…4』のつづき)

245021.jpg
下流に距離を取ったところで、全景を一枚。順光で眺める、初めて架設された桁の端正な(?)姿を堪能。

245022.jpgさて、反転遡上するわけですが、ふと「せっかく訪ねたのだから、帰りはくぐれないかな?」と思い立ち、最微速でじりじりと近づきながら、魚探の感を確認。

うむ、おおむね4m前後で浅くなる気配なし。高潮位なのも手伝って、十分な水深が確保されているようですね。このまま行ってよさそうです。それでは、舵そのままで、羽田連絡道路橋(名称不明ですが)の初くぐりとしゃれ込みましょう。

例によって頼もしい広報紙「羽田連絡道路だより 第8号」を参照させていただくと、今回架設の桁は全長約70m。富津より、足場を組んだ4000t級台船に載せられて現場まで輸送、干満を利用した「台船一括架設工法」によって、昨年9月30日に施工されたとのこと。


245023.jpg

245024.jpgご存知のように仰いで撮ると、天地のあるものはズームレンズの歪みが目立つので、あまりぞっとしない仕上がりになってしまうんですが、ここはご容赦。

まだ1径間に満たないほんの一部ですが、頭上に迫る初物の桁を見上げて、気分のよいことではあります。橋脚のコンクリートの肌も、桁の塗装も出来立てとあって清々しい感じなのが佳し。

245025.jpg
歩道の持ち送り部分が養生されてよく見えませんが、主構造たる箱桁の表面はつるりとしていて、アイも継手も見えず実にシンプルなのが印象的でした。

今改めて「羽田連絡道路だより 第8号」の記事を読んでみると、「お正月には、橋梁の大部分が多摩川に姿を現すことでしょう。」と意気込んだ一文が、少々痛ましくはありますね。台風による堆砂で浚渫したエリアの河床が上がり、その対応で工期が大幅に遅れてしまったわけですから。これを書いている現在は1月末ですが、進捗はいかがでしょうか‥‥。

(元年12月31日撮影)

(『令和元年度川走り納め…6』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村
関連記事

タグ : 多摩川