FC2ブログ

松潟堰…6

(『松潟堰…5』のつづき)

241026.jpgこれでは閘室は見られそうにないなあ、少しでもディテールを拾ってゆければおんの字か‥‥。と一人ごちながら、下流側に戻りつつ観察を続けることに。

ふと巻上機室の窓から、操作盤の一部が見えていることに気づき、ズームでたぐってみました。「舟通し上流・充水ゲート機側操作盤」と書かれたプレートがありますね。通航艇から把手を引いて運転するセルフ操作なのか、職員さんが出張ってきて動かす機側操作なのか‥‥。

241027.jpg
フェンス越しに、うらめしそうな顔をして眺めていたら、あっ、と気づかされたものが。あれ、セルフ操作用の把手が下がっているスイッチだ!

ウェブ上で公開されている、閘門の設備などについて記されたPDFを読んでいると、「プルスイッチ」とか「引き綱スイッチ」という呼称で出てくるので、そちらが正式名称のようですが、まさにそれです。松潟堰舟通し、セルフ操作であることを確認できました! 何分フェンスとさらに柵があったので、何枚撮っても柵にピントが合ってしまい、写真はご覧の惨状でしたが‥‥。

241028.jpg右と下の写真は、監視カメラの目線(?)を気にしながらも、フェンスにカメラをぐりぐり突っ込んだり、一瞬だけフェンスに足をかけて伸びあがりと、ヒットエンドランのようにしてものした苦心の記録(でも何でもない)であります。

右はバイパスゲートのスピンドル巻上機。青い塗装が遠くからでもよく目立っていましたよね。ギヤボックスのケーシングに備えられたメーター、開度計の上には「seibu」の銘が浮き出されていました。

下は一瞬だけフェンスによじ登って撮った、前扉室のゲート周り。う~ん、閘室がほとんど見えない‥‥何とかならないものでしょうか。


241029.jpg

241030.jpg
半ばあきらめながら、舟通しの下流側まで戻ってくると、フェンスの終端が目に入りました。近づけまいという意思を象徴するように、水面上まで張り出したこの厳しいビジュアル。ここで、いや、これはチャンスではないのか? と改めて思いなおしたのです。

よく見ると、釣り人さんがつくったと思しき踏み跡があって、護岸上まで容易に出られそう。それに、フェンスを手がかりとしてつかまってゆけば、落水の危険性は上流側よりはるかに少ないはず! よし、最後の賭けだと、ガードレールをすり抜けて踏み出してみることに。

(元年11月4日撮影)

(『松潟堰…7』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村
関連記事

タグ : 松潟堰 松潟堰舟通し 閘門 一宮川