水辺ライン初乗り…3

(『水辺ライン初乗り…2』のつづき)

8026.jpg水門を出たところで、河口を横断するカッターが見えました。もう一艘いたのですね。その手前を、観光汽船の水上バス「道灌」が遡上してゆく…。
輻輳水域ですから、お気をつけて。

ちなみにこのカッター、マストを立てて帆走訓練もできます。以前、砂町運河で、帆装したカッターに出会ったことがあり、クリンカー張りの船体に白帆を上げた、その優美な姿に惚れ惚れしたものです。

8027.jpg内水輸送の主役といえばやはり、独航艀。新河岸まで上るのでしょうね。

平日の川はやはり、働くフネブネの船影が休日とくらべて桁違いで、フネ好きとしてはこたえられません! こういう川景色をたまに目にしてしまうと、ほとんど日曜にしか航行できないのが、本当に残念に思えるのです。

8028.jpg出船入船を楽しみながら、旧防波堤を抜けて、お台場の内水面に入りました。

幸せそうな二人の後姿が、よく似合う水辺の風景…。




8029.jpgお二人がお台場で降りたので、今度はこっちが幸せになる番です(笑)。展望デッキの前方真ん中を独り占め。

何だかこの、下に「東京水辺ライン」がドンと入る構図、気に入ってしまった…。次回からは、みんな同じような写真にして、ズラリと並べてみたくなってきました!


8030.jpg今回、一番ドキドキしたシーン!
プレジャー型ボートで荷役をしているというのもさることながら、その手に汗握る過積載ぶりがなんとも…。

積荷は清水タンクでしょうか。幸い、スカッパー(排水口)が船尾側にしかないようなので、辛くも浸水はまぬかれているようですが、こちらの引き波で沈んでしまわないか心配で、視界から消えるまで見守ってしまいました。
撮影地点のMapion地図

(21年6月26日撮影)

(『水辺ライン初乗り…4』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村
関連記事

タグ : 隅田川 独航艀 東京水辺ライン 水上バス

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する