FC2ブログ

8月1日の旧中川…2

(『8月1日の旧中川…1』のつづき)

237066.jpg前回「トリさんたちが潜むのには格好の環境」と書きましたが、通ってみればまさにその通り。水際の茂みや杭の上など、そこここに水鳥たちの姿を見ることができました。

一番数が多かったのは、やはり鵜でしょう。杭の先端に一羽づつとまって、極限まで細くなり、半眼でハァハァする様子はいかにも暑そうです。

237067.jpg
茂みの水際にいたこちらのアオサギ君もホソーくなって、ちょっとマッチョな感じ。どこか、後ろ手にして所在無げに通りを眺めるお爺さん、といった風情で、人間臭さが際立っていました。

237068.jpg
東に曲がった河道はしばらく真っ直ぐになり、北東へ向かいます。直線区間に架かる唯一の橋、平井橋をくぐって。

しかし、表面の傷み方がすごいですね。塗料の劣化が進んではがれ落ち、生地が見えてしまっています。久しく手が入っていないということは、架け替えの予定でもあるのでしょうか?

237069.jpg
平井橋を過ぎたあたりから、河道はぐっと90度近く、小半径のRで西へ屈曲します。都内の水路で、魅力的な屈曲区間はいくつかありますが、ここも間違いなくその一つですよね。

この猛暑にもかかわらず、漕艇クラブの皆さんが練習に繰り出していて、写真にも見えるように行き逢い、抜きつ抜かれつの道々となりました。微速で声をかけながら、十分注意して歩かせましたが、皆さん一様にびっくり顔。どうやら、動力船が入ってきたこと自体が少なく、意外だったようです。

237070.jpg屈曲を曲がり切ったあたりには、両岸に結構な延長を持つ船着場が。写真左が凸型で、それを避けたように右が凹なのが目を引きます。

旧中川水辺公園整備事業について」「防災船着場整備計画<改定版> 」(PDF)によると、左は立花六丁目船着場、右は平井七丁目船着場というそうです。隣接する防災広場の一施設として造られたのですね。
撮影地点のMapion地図

(元年8月1日撮影)

(『8月1日の旧中川…3』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村
関連記事

タグ : 旧中川 江東内部河川 水位低下化河川 水辺の鳥たち