FC2ブログ

7月28日の水路風景…4

(『7月28日の水路風景…3』のつづき)

237016.jpg港内を北上し、一つ見ておきたいものがあったので、朝潮運河を目指しました。臨港消防署の新庁舎です。

臨港消防署ウェブサイトによると、7月1日より新庁舎に移転とありました。供用されて一カ月経っていない、まさに出来立ての姿ですね。桟橋のある南側には防波堤が新設されましたが、運河南端とあって、風向きによっては難儀するかも、と余計な心配をしてしまいました。

237017.jpg
ではさっそく拝見しましょう、当たり前ですがコンクリートの肌も塗装も、すべてが真新しくきれいで、清々しい感じがします。

細身の防波堤に接するように、スロープと上架設備、艇庫が設けられていました。隅田川畔、仮庁舎時代を通してなかった設備で、これで小型艇の整備は自前で行えるようになったのですね。レールが4本敷かれているのは、船台が大きな重量にも対応できるようになっているためと思われます。

237018.jpg「おおえど」と「すみだ」がもやう、庁舎前のこの桟橋の頑丈そうなこと! ちょっとやそっとの地震や津波では、傾きもしなさそうな頼もしさがありますね。

隅田川畔時代、建物はとても魅力的だったのですが、あの手狭さを思うと、理想的といってもいい過ぎでない立派な繋留施設ですね。職員の方々も、大いにやりやすくなったことでしょうね。

237019.jpg
そしてこちらが新庁舎。屋上には大きく張り出したヘリポート、角には桟橋を一望できるガラス張りの部屋も設けられと、外観も特徴的でなかなか格好のよいもの。消防署の象徴たる、火の見櫓はさすがに廃されたようですね。

オフィシャルサイトにも詳細が載っていないので、機能はわかりませんが、おそらく防災拠点としても考えられたつくりなのでしょう。ともあれ、首都の港内を護る重責相応の、威容を備えた建築が供されたことは、隊員の皆さんにとっても喜ばしいことに違いありません。

237020.jpg
フラッグシップ「みやこどり」には、何と専用(?)の桟橋が。大型なので、さすがに他艇同様、メザシに繋留するわけにはいかなかったのでしょう。

背後では、オリンピックの選手村に供された後、一般向け住宅として分譲される建物が次々と完成しつつありますが、こんなに桟橋が近いと、色々と気を遣いそうでちょっと‥‥。船上での訓練や整備、いや暖機だけでもクレームの対象になりそうで、建物を遠ざけて作るとか、も少し何とかならなかったのかなあ、と思ってしまいます。私の取り越し苦労ならいいのですが。
撮影地点のMapion地図

(元年7月28日撮影)

(『7月28日の水路風景…5』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村
関連記事

タグ : 朝潮運河 消防艇