FC2ブログ

平成最後のお花見水路…3

(『平成最後のお花見水路…2』のつづき)

232011.jpg次の週、4月7日もお声掛かりがあって大横川へ。週の中あたりに寒い日があって、桜も思ったより長持ちし、葉桜もまだわずかでまさに見ごろ。

というわけで、期待した花筏までには至らず、川面に浮く花びらは密度の薄いものでしたが、それでも船首波が模様をつくる、風流な川景色が楽しめました。


232012.jpg
石島橋下より東を見て。ちょうど左手を和船が艪を漕いで行逢したところで、船影の絶えた瞬間をねらって一枚。桜に隠れて見えませんが、テラス上は結構な人出で賑わっており、黒船橋船着場も、和船を待つ長蛇の列があったのは先週同様でした。

いや~‥‥毎年同じようなことを垂れ流して恐縮ですが、この密度、この咲きっぷり、水面を這わんばかりの低さ、実に見事です。満開の時期に出られて、本当によかったですわ。

232013.jpg
ちょうど日中潮位の低い日でもあったので、せっかくだからと茂森橋をくぐって左へ折れ、仙台堀川へ。何年ぶりでしょうか、満開の仙台堀川を訪ねられたのは‥‥。写真は亀久橋から西、木更木橋を望んだところ。

大横川から隔てること、北へわずか800m弱。川筋が1本違うだけで、同じお花見水路でもこの静けさ。もちろんあちらはさくらまつりの会場で、比較しても詮無いことですが、短い距離を隔てて並行する二つのお花見水路が、動と静をくっきり分けた様子、なにか改めて穴場を発見したような、えらくトクをした気分になったものでした。

232014.jpg
仙台堀川、大横川より若干護岸高が高く、桜が差し掛ける枝も全体に短めなので、少々ボリュームに欠けると感じられるかもしれません。

しかし、写真の海辺橋東側のように、枝に触れんばかりのところも何ヶ所かあり、お花見水路として好環境なのは大横川にそう劣りません。人手が極めて少ないことも手伝って、桜並木を貸し切りしている気分が楽しめるのが、何よりの利点といってよいでしょう。

232015.jpg静かに咲き誇る桜並木を満喫したところで反転、ふたたび亀久橋をくぐって東へ。側面が長方形の珍しい震災復興トラス、高欄から顔を突き出さんばかりにして手を振る子供たちに応えながら、ゆるゆると微速で歩かせます。

横断幕にもあるとおり、仙台堀川は現在、亀久橋から東の区間が、大規模な護岸の改修工事中。見たかぎりでは護岸を前進させて、テラスを拡幅するようですね。
撮影地点のMapion地図

(31年4月7日撮影)

(『平成最後のお花見水路…4』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村
関連記事

タグ : 大横川 仙台堀川 江東内部河川