FC2ブログ

柳原水門の表情

(『江戸川散歩…3』のつづき)

7054.jpg国府台下を離れてしばらく進むと、右手に見えてくるのが、派川坂川を守る、柳原水門。

一昔前、三浦から遠路はるばる江戸川に艇を持ってきて、この水門に初めて出会ったときは、まるで一時期のお役所建築のような、水門らしからぬデザインに驚かされたものです。母港を都内に移して、荒川筋などのこの手の豪華水門(?)をいくつか目にしてからは、慣れたせいか、それほどでもなくなりましたが…。

今改めて眺めてみると、排水機場樋門が一歩出た形で左手に配され、水門自身も右手に大げさな階段のシャフトを持っているなど、非対称の配置の妙で、見る角度によって表情ががらりと変わり、なかなか面白いものだと思いました。

7055.jpg
真正面から眺めても、手前の樋門、水門自身ときて、左手に排水機場の建屋、さらに右手にはぽつりと、千葉県水道局・栗山浄水場の給水塔が古風な姿をのぞかせているなど、奥行きのある構図が楽しめます。

そうそう、15年前に訪れたとき、まったく同じ角度から撮った写真があるんだった…。以下にご覧に入れましょう。

7056.jpg
平成7年8月、おそらく2日の柳原水門。この日はほとんど無風で、陽射しも強く、とにかく暑さが堪えたことを思い出します。影の状態からして、撮影時刻は昼近くでしょうか。

水門と樋門の上屋は、名前が入っていないのっぺらぼう。背後の排水機場も建設中、周りの法面にもコンクリートが打たれておらず、草ぼうぼうのままなど、まだまだ工事半ばといった感じが伝わってきますね。
撮影地点のMapion地図

7057.jpg現在の写真に戻って、上流側から。

樋門のゲートが水門をさえぎって、二つの位置関係がよくわかる角度。樋門の管理橋(?)が、虹のように湾曲しているのも変わっていますね。
水門周囲の法面は、昼寝をする人、談笑する人と結構な人出で、格好の憩いの場となっていることがうかがえます。手前の茂みは、釣り人さんの穴場のようですね。

7058.jpgほぼ真横から見ると、まるで親子連れといった雰囲気で、ちょっとユーモラス。水門と樋門の、会話が聞こえてくるようです。

背景に国府台の、分厚い布団のような緑が横たわって、白亜の水門たちをくっきりと浮かび上がらせているのも、なかなか佳し。
初見のときは、少々凝り過ぎではとも思えたデザインも、こうして眺めると、周囲との調和を考えて造られたように感じられ、ちょっと見直したものです。

(21年6月7日撮影)

(『江戸川散歩…4』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村
関連記事

タグ : 柳原水門 江戸川

コメント

柳原水門

はじめまして、いつも楽しませて戴いてます。
私も土木構造物好きです。

柳原水門、良い雰囲気ですねぇ。
後の栗山浄水場の配水塔も魅力的で、共に見られるとはなかなか素敵な場所ですね。
横浜在住なのですが、見に行きたくなりました。

Re: 柳原水門

>しとろんさん
水門の周りでのんびりしている人たちを見ても、憩いの場として親しまれていることがうかがえますね。
このあたりは、レンガの樋門である柳原水閘、古い給水塔のある浄水場、矢切の渡しと、見どころが多いところですので、お散歩コースとしても楽しいと思います。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する