FC2ブログ

手賀沼調節水門を訪ねて…2

(『手賀沼調節水門を訪ねて…1』のつづき)

230006.jpg名称の件、つづき。橋詰に掲げられた水門の占用許可標を眺めて、またも気になった部分が。2行目の「占用の目的」欄、曙堰となっていますよね?

特に調べたわけではないので妄想の開陳は避けますが、橋同様、水門もしくは堰の方も、二つ名を持っているというだけで興味深いですね。


230007.jpg
しかし風が冷たくて、まあ寒いこと。さっそく閘門から堪能してまいりましょう。まずは後扉室から。

径間4~5mほどの極小閘門といってよいタイプ。橋から人が上らないようにするためでしょう、堰柱上に物々しい柵が設けられていますね。閘室側壁の上は鳥の糞が目立ち、水鳥たちの休憩場所となっていることもうかがえます。

230008.jpg柵が大げさなのは、遠隔操作の設備がなく、機側操作のみなのかもしれません。頭に回転灯のついた操作盤をズームでたぐってみると‥‥。

おお、ボルメーターが触れていますね。電気は来ていて、一応の可動状態にあることを確認。周りの傷み具合にくらべて、操作盤のボックスは良い状態なので、電気設備の更新はなされているのでしょう。

230009.jpg
操作盤の手前で目立っていた、開度計も柵越しに一枚。指針はほぼ一杯を示していますが、ボディはもとより盤面も相当な傷み具合で、手が入らなくなって長いことを感じさせます。

230010.jpg
後扉室を正面から。柵やハシゴはすべて赤錆びて、扉体も褪色しきったあげく錆を生じており、風化したコンクリートの肌とともに、放置されていると見られても無理はない状態。刺すような寒風に吹きさらされていることも手伝って、寂寥感のある水門風景でした。
撮影地点のMapion地図

(31年1月27日撮影)

(『手賀沼調節水門を訪ねて…3』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村
関連記事

タグ : 手賀沼 手賀沼調節水門 閘門