FC2ブログ

平成最後の川走り納め…14

(『平成最後の川走り納め…13』のつづき)

229066.jpg平和橋をくぐり、最後の屈曲区間にかかりました。アウトコースに連なるテラスが緩い曲面をなし、陽の光を受けて白く輝いているさま、胸のすくような眺めでなかなか素敵。

進むほどに、堤防や家並の向こうから、首都高中央環状線の高架が徐々に見えてきて、ゴールが間近に迫った事を感じさせます。河道の向きから北西風はだいぶ防がれて、写真のように川面は穏やか。もう浅瀬もありませんから、少しピッチを上げて進みましょう。

229067.jpg
ここ、下水道局の本田ポンプ所で、樋門の方は過去ログで18年8月(テラス化前で、樋門も更新前)に紹介済みなんですが、今回大いに惹かれたのは、背後にある同施設の煙突!

いや、こんな秀逸な造形だったかしら? 刻まれたスリットから、何本もの“足”が流れるように末広がるさまが見事、どこかタコさんウインナーを思わせるカタチ。何度も通っているのに、なぜ記憶に残らなかったんだろう‥‥ボクのバカバカ(ポカポカ頭を殴る)。

229068.jpg
屈曲を曲がり切ると河道はほぼ真北に向き、太陽を正面上空に見る格好に。冬の陽の低さとくれば、これ以上ない形でのもろ逆光、それを透かして目を細めつつ眺める、上平井橋とかつしかハープ橋のシルエットもまた佳き哉。川面のギラギラが、橋たちをより格好良く見せていますよね。

229069.jpg

229070.jpg上平井橋に近づいてから仰ぐと、高欄に「大型船の航行あり。徐行願います。」の横断幕が。ここを抜けて上流に向かう、独航艀たちを指しているのでしょうか。

それと、上平井水門の工事に携わるフネブネへの注意も兼ねているのかも。そうそう、こちらの工事の進み具合も、この日見ておきたかったものの一つでした。新しい扉体と巻上機室が見られるかな?
撮影地点のMapion地図

(30年12月30日撮影)

(『平成最後の川走り納め…15』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村
関連記事

タグ : 中川 上平井水門