FC2ブログ

10月14日の川景色…3

(『10月14日の川景色…2』のつづき)

その2:常磐橋復元進む
226011.jpg
日本橋川を下って、復元工事中の常磐橋にやってきました。遠目には錆色の足場と建機を載せた台船が目立ち、ここしばらく変わらぬ風景に見えましたが、進捗の方はどうでしょうか。

226012.jpg橋を観察する前に、台船にもやった豆曳船に目線を吸い寄せられました。錆びた上にペンキを塗り重ねボッテリとした肌、高さの抑えられた扁平なスタイルに加え角型の船首と、川の土木風景にしっくりくる雰囲気。

船名は「アント102」らしいのですが、船固有の名前ではなく、後ろのクレーンに見える通り社名が「(株)アント」なのですね。

同社サイトの「工事実績・施行例」を開くと、平成25年に鉄建建設が元請となった「国指定史跡常盤橋門跡常盤橋解体工事(第514号)」が載っていました。今回の復元工事も、同じ事業で連続しているのでしょうか。

226013.jpg
微速で近づいて、鋼矢板で囲まれた橋脚周りに注目すると‥‥おおお、ずいぶん積み上がっているぞ! 中央上の凹部は、扇形の銘を彫った石材がはめ込まれるところでしょう。だんだん橋の形を成してくるなあ。

226014.jpg
くぐって下流側から。石を一つ一つ洗浄して、キレイになったのはいいのですが、中にいくつか妙に平滑な石が‥‥。まあ、明治の竣工以来たびたび補修はされただろうし、解体前の写真を見ると、質感の違う石があるのは確かなのですが、洗浄して白くなると目立ちますね。

226015.jpg下流側から振り返って。左手、常磐橋公園から伸びていた橋台地も、まだ姿を現わしていませんし、復元完成まで道のりはまだまだ長そうですね。

東京の河川に架かる橋では最も古く、明治のデザインや技術を今に伝える貴重な石造アーチ。復活を楽しみに待つこととしましょう。
撮影地点のMapion地図

(30年10月14日撮影)

(『10月14日の川景色…4』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村
関連記事

タグ : 日本橋川 常磐橋 高架下水路