三枚洲のにぎわい

(『6月7日の臨海大橋』のつづき)

7021.jpg荒川河口から、葛西臨海公園前、三枚洲の水路を抜けようと入ってみると、いつもと様子が違う…。

岸近くには、足どころか胸まで水に浸かっている人が多数。慌ててデッドスローまで速度をしぼり、そろりそろりと通過。棒を握ってゆすっている仕草から、鋤簾で貝を獲っているのだとわかりました。
撮影地点のMapion地図

7022.jpg対岸、臨海公園の東端角あたりにも、汐が引いた干潟の上にたくさんの人が。この日は、望月の大潮の前日。天気のよい日曜日に、大きな干潮とくれば、潮干狩りには絶好ですものね。

この日の干潮は10:37、潮位16cm。フネにとっては、航路が狭まるなど、ちょっと厳しい部分もありますが、都内ではもう少なくなった、潮干狩りの賑わいが見られたのは、ちょっと得した気分でした。

7023.jpg三枚洲水路の出口、旧江戸川河口では、三枚洲の澪標にそって、たくさんの釣船や屋形船が錨泊中。

こちらは潮の具合がいいので、釣りの穴場に繰り出しているのかしら…と、目を右に転じてみると…。


7024.jpg干潮で露出した砂州に、PWCやボートが集まっており、結構な人が上陸しています。これは楽しそうですね。ちょっとした無人島上陸の気分でしょう。

釣り船や屋形船は、この砂州を目当てに集まった、潮干狩りのお客さんを運んできたのでしょうか。

7025.jpgしかしこの大船団、はんぱな数ではありません。東京中の船宿から、船をかき集めたような騒ぎです。

東京生まれの作家の随筆には、大森や羽田沖に船を仕立て、潮干狩りに行った思い出などがよく語られていますが、とっくに過去のものと思っていた「江戸前」の光景が、時を遡って目前に展開されたようで、嬉しくなりました。

都内を母港にしてだいぶたちましたが、まだまだ、見ていないモノが山ほど…もとい、川ほどあることを実感させられたというお粗末。まあ、何分内水路バカですので、川や運河から一歩出てしまうと、注意力が散漫になってしまう、というのもあるかもしれません。

(21年6月7日撮影)

(『旧江戸川河口で』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村
関連記事

タグ : 三枚洲 旧江戸川

コメント

潮干狩りでしょうか?

私もこんなことができると、初めて知りました。
お天気もいいし、楽しそうですね。

Re: 潮干狩りでしょうか?

>シルバさん
都内で潮干狩り、というところがオツですよね。
大潮と日曜日、そしてお天気の三つの条件が重ならないといけないので、なかなか難しいところかもしれませんが。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する