FC2ブログ

お茶の水分水路吐口に注意書きが掲示される

先日、撮影のお手伝いでたびたびご一緒しているH艇長と雑談をしていたら、「分水路の入口に、『通航は自己責任で』云々と書いてある看板が掲げられましたよ!」との情報をいただきました。

おお、ついに都建設局も、おおやけに分水路の通航を認めるようになったか! と感慨もひとしおでした。

すでに7年前、「神田川・分水路の通航について」で、都建設局河川部にお伺いした結果を詳しくまとめたとおり、「船舶の航行用に造ったものではないので、積極的に認めるわけにはいかないけれど、河川の一部で公有水面扱いだから通航禁止とまではいわない。通航には十分な注意を。」というニュアンスのお答えをいただきましたから、少なくとも航行に差し障りはないとの確証は得ていたものの、自ら周知に乗り出してくるとは思わなかったので、ちょっと意外ではありました。

225034.jpg
大好きな分水路に変化があったとなれば、いつもなら横っ飛びに艇を出し実見におよぶところですが、残念なことに艇は修理中。看板の存在は電車の車窓から確認できたものの、やはり文言を含めて記録したく、本日用足しの帰りに訪ねてきました。

昌平橋の下流側人道橋から見てみると、ゼブラ塗装で囲まれた看板がポータルの上部、銘板の下に見えますね。ぐっと引き寄せて、内容を確認しましょう!

225035.jpg
注意」と赤字で大書きした右に、

〇酸素欠乏の可能性あり
〇雨で急激な増水、潮位による満水の可能性あり
〇内部は狭隘で旋回困難、視界不良
〇事故が起きても自己責任
           東京都第六建設事務所

‥‥とありました。

225036.jpg
ううん、も少し平易な文体で願いたいところだなあ、というのが読み下した当初の感想でしたが、いかにも恐ろしげではあり、準備もなく気軽に通ってみようとする人に、冷や水を浴びせて立ち止まらせる、というのが目的なら、これで当面は十分でしょう。

少々妙に感じられたのは、誰に宛てて、という点が抜け落ちているところ。「分水路を航行する船舶の方へ」とか、タイトル的なものがあってもよさそうなものです。

想像ではありますが、7年前の回答にもあったように「分水路の通航を積極には首肯することができない」という原則には変化がないのでしょうから、ここで対象になる事物を明文化して掲げると、かえって通航を勧めたこととみなされ、差し障りがあるのかもしれません。

ご担当部署的にも悩んだあたりがにじみ出てくるような、苦肉の策といってよい文面ではありますが、分水路に関する大きな一歩として記憶したいものですし、通航する側としてもこの心意気に応え、入念な準備と十分な注意を払って、安全第一を心がけたいものです。

いま一つ。せっかく通航を(消極的にせよ)認める動きになったのですから、可能であれば、通航される方々に、分水路の存在とたゆまぬ維持整備によって、神田川南岸の低地が洪水禍からまぬかれていることを、もっと周知する手立てが欲しいものです。

例えばチャーター観光船で、分水路建設の経緯や効能などの解説を聞きながら通航しますよ、というツアーができれば、分水路を造り、維持している皆さんにとっても悪いことではないでしょう。水防・治水への理解にも大いに役立つことと思います。

225037.jpg
おまけ。昌平橋交差点といえば、上空高くを斜めに横切る、松住町架道橋の雄姿を仰がずにはおれないもの。ちょうど夕陽が構造を照らす時刻で、継手やリベットがくっきりと浮かび上がり、古豪橋梁ならではの美しさを堪能できました。
撮影地点のMapion地図

(30年10月7日撮影)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村
関連記事

タグ : お茶の水分水路 分水路 神田川