FC2ブログ

進入灯とガット船

(『7月22日の第二航路』のつづき)

221021.jpg
第一航路を横断して、羽田空港の北、城南島との間の水路へ入りました。ほんの短い水路にも運河名が付けられている都内では珍しい“無銘水路”でもあります。

ここの見どころといえば、やはり空港から伸びる進入灯(航空機の着陸誘導灯)のトラスです。滑走路をバックにした開けた風景の中、アラートオレンジに塗られた桁が水面上に伸びるさま、独特の雰囲気があってよいものです。

221022.jpg
タイミングもよろしく、脚を出した飛行機が轟音とともに頭上をかすめて、飛び去ってゆきました。進入灯前ならではの大迫力、陽光にギラリと反射させる巨体を仰いで、ここを通ってよかったと一人喜ぶおっさん。

221023.jpg
進入灯に軸線を合わせて、まさに着陸せんとする飛行機の緊張感あふれる姿、のん気に眺めているのが申しわけなくなるような、ピリピリとした一瞬。ともあれ、四周さえぎるもののない中で着陸シーンを堪能できる、これも水面ならではの贅ではあります。

221024.jpg戻したスロットルをふたたび倒して前進、京浜運河南端の丁字流を目指して西航。

進行方向右手の城南島には、建材埠頭などがあって、ご覧のように砂を満載した数隻のガット船が見られました。本船としては小粒の彼ら、塗色も形もさまざまでバラエティに富み、眺めていて楽しいものです。


221025.jpg今回最も目線を吸い寄せられ、かつ気に入ったのが、「第八住若丸」の船名を大書きしたこの書体。

ペンキのレタリングですから、墨痕鮮やか‥‥というと語弊がありますが、遠目にも筆運びの強弱を感じさせるような、すぐれたデザインの書体に惹かれたのです。しかも、ブルワークにちまちま、という感じでなく、船名を誇らんばかりに大きく書いてあるのも好ましく思いました。

(30年7月22日撮影)

(『7月22日の海老取運河』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村
関連記事

タグ : 東京港