FC2ブログ

2月3日の川景色…8

(『2月3日の川景色…7』のつづき)

217036.jpgお茶の水分水路通航のリクエストを受けて、昌平橋北詰の吐口よりいざ進入。そんなに久しぶり、という感覚は持っていなかったのですが、過去記事で確認してみたら26年3月以来、4年ぶりだったのですね。

気温はまだ低い時期にもかかわらず、入ってみるとムッとして、いつもより湿度が高い感じがしました。


217037.jpg
特に変化はない場所ではありますが、暗闇とあって写真がなかなかうまく撮れないこともあり、数打ちゃ当たるとばかりにバシバシと(やっぱりうまく撮れないあたり)。

ご存知シールド区間の始まり、ブレブレのザラザラになったものの、湛水線と水面が区別できるように撮れたのが救われた点。

217038.jpg
今回一番嬉しかったのは、「3月16日のお茶の水分水路…2」でその存在にようやく気付いた、「可撓セグメント」の看板がきれいに撮れたこと。正しくは「可撓セグメント部」だったんだ‥‥。

217039.jpg
そして発進縦坑を下流側から。何度訪ねても、荘厳な静謐さに打たれるものが。フラッシュの光の加減かもしれませんが、クレーンのレールの下端、こんなに白かったかな?

まあ、これだけ湿度の高く、密閉に近い環境下であれば、錆に天井から染み出してきたもろもろが付着して、白く育ってくるのも無理はあるまい‥‥と素人なりに妄想。

217040.jpg毎度おなじみ呑口からの光景も。もっとこう、水面の反射が天井にきれいな模様を作って、風情があるところをものしたかったのですが、季節柄緑のスダレがないせいでしょうか、いま一つの結果に。

もっとも蔦が下っていると、脱出の際に場所を選んだり、艇内が枯葉で散らかったりして面倒ではあるので、その点気楽ではありました。
撮影地点のMapion地図

(30年2月3日撮影)

(『2月3日の川景色…9』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村
関連記事

タグ : 神田川 お茶の水分水路 分水路 シールドマシン発進縦坑