FC2ブログ

12月10日の川景色…5

(『12月10日の川景色…4』のつづき)

214046.jpg堀割区間も終端近く、しんしんと沁み入る冷気を我慢しながら、水道橋の下流まで来ると、結構な大きさのクレーン船が。

擁壁の更新・補強は終わったはずですが、まだ残工事があるのかな。「(株)菊鷹産業」とロゴの入ったクレーンを横目に通り過ぎようとすると‥‥。


214047.jpg
おお、格好良い豆曳船が! 姿勢を低く抑えた甲板室、黒一色の舷側となかなかの雰囲気。

驚かされたのがトランサムの表記で、船名の「第二つくば」の下、原籍港が「茨城県神栖」! えええ、利根川~江戸川経由で自力回航してきたのかしら? まさかそんなことはありますまいが、川舟趣味者としては妄想してしまいますよ、ええ。

214048.jpg
三崎町中継所の前では、おなじみの顔「第36中島丸」が休んでいました。中島さんの兄弟たちの中では、確か最小クラス。こじんまりとよくまとまった、均整の取れた外観が魅力。

214049.jpg
そうそう、新常盤橋のすぐ上流に架けられた人道橋、「竜閑さくら橋」という名前に決まったようですね(『新しい橋の名称が「竜閑さくら橋」に決定しました千代田区HPより)。

供用開始は、平成30年春を予定しているとのこと。動輪のエンブレムが間近に眺められ、電車、高架下とも堪能できるスポット、その筋の皆さんにとっては、楽しい橋になることでしょう。

214050.jpgその新常盤橋をくぐりながらシャッターを切ったところ、何やら光のタマのようなものがいっぱい散りばめられて写り、一昔前の、昼の奥様向けメロドラマのオープニングを思わせる一枚に(笑)。

し、心霊写真じゃないですよね? まあ、単にレンズが汚れていて、ホコリが写り込んでしまっただけのような気が‥‥。いかに手入れを怠っているかがわかってしまったという、お粗末な次第でありました。
撮影地点のMapion地図

(29年12月10日撮影)

(『12月10日の川景色…6』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村
関連記事

タグ : 神田川 日本橋川 曳船 高架下水路