FC2ブログ

船頭平閘門を訪ねて…3

(『船頭平閘門を訪ねて…2』のつづき)

213011.jpg
きれいに整備された芝生の法面を両岸に見ながら、船は微速で閘門に近づいてゆきます。雲の影に入って少し暗い目ですが、これが船頭平閘門との初めましての一枚。

写真では何度も目にしていながら、やはり実見すると印象がずいぶん違います。思っていたよりずっと径間が狭く、その分左右の擁壁が分厚く感じられた、というのが第一印象でした。

213012.jpg
ゲート手前の右、量水塔の造作にも目を奪われました。鋼材組みの脚に、白く塗り上げた下見板の塔屋が載り、茶色い屋根の頂部にくびれたトンガリ帽子をちょこんとかむったさまは、どこかお伽の国のよう。

法面から塔屋に伸びる通路の造りから、そんなに古いものではないように思えましたが、閘門の雰囲気とよく似合っていますね。

213013.jpg
船は扉体ぎりぎりまで近づいて、船頭さんが左手にある鐘から下がったヒモをつかみました。通船要求はこの鐘を鳴らすのだそう。おお、古風でいいですねえ。

苔生したレンガと石材の扉室、注水用ゲートの操作ロッドが目立つ扉体と、触れんばかりに肉迫するこの嬉しさ。通航に向けて、いやが上にも盛り上がろうというものです。

213014.jpgガイドさんいわく、「カメラで見ているので、鳴らさなくても向こうはわかっているんですがネ」‥‥どうやら、かつてのやり方を保存するのが主眼であり、今は半ば儀式的なもののようです。

お客さんの中から希望者をつのり、ヒモを引いてカラン、カランといい音をさせると、しばらくしてからヘルメットに作業服の係員さんが出てきて、機側操作を始めました。

213015.jpg待っている間、周りを物見高く見まわしていたら、左手の水際に立っていた、通航船に向けての注意書きが目につきました。すぐ脇に伏せてある、半ば朽ちた舟も気になります。

許容される喫水は1.7mと、径間の割には水深に余裕を持たせた造りなのですね。江東の2閘門と違い休日はないあたり、小なりとはいえ、2本の大河を結ぶ要であることが感じられました。
撮影地点のMapion地図

(29年11月19日撮影)

(『船頭平閘門を訪ねて…4』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村
関連記事

タグ : 船頭平閘門 閘門 木曽川観光船