松川と彼岸花

(『庄川峡の船旅…10』のつづき)

211156.jpg
小牧ダムを離れた後は、一つ下流にあるやはり戦前竣工のダム、合口堰堤にちょっと寄り道。昭和14年竣工、7カ所の水力発電所に給水し、11,000haの田畑を潤しているとのこと。

休憩所など近隣の施設も充実しているせいか、多くの人で賑わっていました。ダムそのものは扉体ともきれいに整備されて、戦前にできたとは思えないほどでしたが、手前の魚道は苔や草が生い茂り、コンクリートの表面も風化して、過ごしてきた時間の長さを感じさせました。

211157.jpg帰路は違ったルートをたどってみたくなり、福光駅より城端線、高岡であいの風富山鉄道に乗り替えて、富山に出ることに。

写真は城端線ですが、懐かしくなるような朱色のディーゼルカー2輌編成に乗って、開けた窓から入る風を受けつつ、田園地帯を爆音高らかに疾走するのは楽しいものです。

211158.jpg富山到着後、帰りの新幹線まで少し時間があったので、市内線に乗って松川茶屋へ。

船に乗るのは時間的に無理にしても、ちょっとお茶でも‥‥と思っていたら、河畔は生バンドの演奏が聞こえるなど大変な賑わいで、橋台跡をステージにしてこれからイベントが始まる模様。中村専務もお忙しそうなので、失礼してお散歩に切り替えました。

211159.jpg
法面では彼岸花がちょうど満開で、本当に見事です。花の名前などろくに知らない、無粋ものの船頭ですが、こと大好きな松川畔。これは一枚スナップしておきたく、カメラを向けてみました。

相変わらず下手な写真ですが‥‥。よく陽が当って目に沁みるような彼岸花の紅と、木陰に黒く沈む川面、さらに遊覧船の赤い塗色がよいコントラストをなして、素敵な川景色が撮れました。

211160.jpg
少し歩いて、七十二峰橋を渡ろうとしたら、いま一隻の遊覧船‥‥たぶん「神通Ⅰ」が、いいタイミングで戻ってきました! くぐる前に迎え撃ち、くぐった後を見送って(10月1日からのタイトル)と、何度もシャッターを切りました。

底まで陽の射した澄んだ河水、玉石垣を固めた法面にテラスと、松川ならではの川景色を愛でる遊覧船。絵になりますねえ。次回はぜひ乗ってみたいものです。ともあれ2日間、最後までお天気に恵まれた旅行になり、何よりでした。お世話になった皆様、ありがとうございました!
撮影地点のMapion地図

(29年9月24日撮影)

(この項おわり)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村
関連記事

タグ : 庄川 合口堰堤 松川 松川遊覧船