FC2ブログ

内川遊覧船に乗って…11

(『内川遊覧船に乗って…10』のつづき)

211096.jpg
川の駅の手前にあるいわば最後の橋、山王橋。橋詰には、巨大な人間の手を模したオブジェがあることで知られているんですが、放生津橋に劣らぬ低さに意識が全部持っていかれ、こちとらお手手どころではありませなんだ! イヤ、最後まで楽しませていただきました。

211097.jpg一周して戻ってきた川の駅新湊。すでに多くのお客さんが待っていて、我々と入れ替わりに乗船、賑やかに岸を離れてゆきました。

数隻のPWCとすれ違いながら、爆音を高めて出発する「万葉丸」に手を振ってお別れ。狭水路、低い橋、港湾風景やトリさんと、お陰さまで楽しかったです、お世話になりました!


211098.jpg
万葉線の駅に向かいがてら、河畔をぶらぶらとお散歩。高さの揃った家並みと、柵の全くない美しく整備されたテラス、どこまでも歩きたくなる雰囲気の水路風景。

しかし、これだけ多くの船艇がもやいながら、テラスにほとんど散らかったところや、汚れた様子が見られないのには感服しました。恐らく漁具を広げる作業スペースは別に確保するなど、インフラは整えられているのだろうと想像しましたが、各艇のオーナー一人一人の心掛けがよほどしっかりしていなければ、これほどの美観を保つことはできないでしょう。頭が下がります。

211099.jpg
寄り道しながら町並みを楽しんで、万葉線の中新湊駅に到着。ちょうど電車が到着したのですが、写真を撮ったりもたもたしていて逃し、この1本後に乗り、高岡へ向かいました。街中の小さな交換駅、地方私鉄のムード満点でいいですねえ。

211100.jpg立川志の輔さんの車内アナウンスを聞きながら約40分、高岡駅に到着。高岡駅の停留場も、富山のそれに負けず劣らず、2面2線の立派な路面電車ターミナル。

この日は高岡に宿をとり、翌日朝からの河川航路訪問に備えることにしました。何分目的地が山の中なので、たっぷり1時間半はバスに揺られなければなりません。
撮影地点のMapion地図

(29年9月23日撮影)

(『庄川峡の船旅…0』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村
関連記事

タグ : 新湊観光船 内川