FC2ブログ

内川遊覧船に乗って…8

(『内川遊覧船に乗って…7』のつづき)

211081.jpg
埠頭に挟まれた広い水面から、だんだんと狭いところへ向かうこの感覚、ちょっとワクワクさせるものがあります。前方のスマートな桁橋は新港大橋。

おや、その向こうは、澪筋を示す杭がずらりと並んでいて、ちょっと富山新港が整備される以前、越ノ潟時代を思い起こさせるような水路風景ですよね。庄川などが運んできた土砂が、沿岸流や季節風で堆積し、浅い湾入に砂洲を形成して出来上がったであろう潟湖や澪筋の風景。浅瀬も多くあって、舟航のため澪筋の整備もたゆまず行われたに違いありません。

211082.jpg新港大橋をくぐる直前、今まで涼しい顔をしていた便乗カモメたちのほとんどが、いっせいにバサバサと飛び立ちました。どうやら頭上に桁が迫っている橋は、あまり好きではないようです。

両舷に杭列を見送りながら、次に迫ってきたのは朱も鮮やかな水管橋。一径間分だけ桁下高を高めていて、内川への舟航を意識した造り。空はだいぶ雲が切れて、陽射しが戻ってきました。

211083.jpg
くぐりざま北側径間を眺めると、この水管橋、何だか格好良いかも。両岸近くは三弦トラス、橋脚は鋼管杭の先にRCの2段構造があって、トラスと水管のみの高低を巧みに支えています。右側にチラリと見える、高圧線の鉄塔も変わった形でいいですね。

211084.jpg水路幅はいよいよ狭まりイイ感じに。万葉線の鈑桁橋が迫ってきたところで、残る4羽の便乗カモメ君たちとも、お別れとなりました。

いや~、餌付けができるのもさることながら、トリさんと当たり前のように同乗でき、その姿を愛でられる船なんて、そうそうあるものではありません。魅力的な河川航路、通船タイプの船、そしてトリさんと、一粒で三度おいしい内川遊覧船であります。

211085.jpg
鉄橋の向こうは、低い護岸にプレジャータイプの艇がみっちりもやう、先ほどとはまた違った表情の内川が広がっていました。水際は草生していて、少し前の江東内部河川を思わせる川景色。おお、桁下も結構低いなあ。これはすり抜けも楽しめるのかしら?
撮影地点のMapion地図

(29年9月23日撮影)

(『内川遊覧船に乗って…9』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村
関連記事

タグ : 内川(射水市) 新湊観光船