萩之浦閘門跡を訪ねて…1

211001.jpg9月23日はお休みをいただき、翌24日と合わせて富山・高岡を訪ねてきました。朝一番の「かがやき」に乗れば、8時半には駅前の市内線乗り場に立てる‥‥。イヤ、新幹線での訪問は2度目とはいえ、この速さには驚きます。

その足で富山城址の松川遊覧船を訪ね、中村珠太専務に諸々お世話になった御礼を兼ねてご挨拶。第一便出航前のお忙しい時間にもかかわらず、応対していただきありがとうございました!

211002.jpg
お話を伺っていると、上流から艫を前にして、棹を突きつつササブネが下ってきました。中村氏が「乗っているのは漁師さんで、月一回の河川清掃をしているんですよ」と説明してくださったのを聞き、にわかに色めき立ちました。

おお、「松川の舟通しと和船のことなど」でも触れた、貴重なササブネの実稼働に出くわしたんだ! 月一便に偶然出会えるとは、早起きはしてみるものです。

「目の色が変わりましたねえ」と中村氏が笑う横で、カメラを構えてシャッターを切る、切る! 艫を先に進んでくるあたり、ベカの海苔摘み作業を思い出させるものが。スペースに余裕があって、安定もよい船尾を作業の立ち位置にするのは、小舟艇では理にかなっています。

我々や遊覧船の船長に声をかけながら、棹を突き、タモ網でゴミを丁寧にすくい取る漁師さんたち。静かな朝の松川ならではの、清々しい舟航風景を目にできて、嬉しくなりました。

211003.jpgここで、バスから降りてきた団体のお客さんが到着。すっかりお仕事のお邪魔をしてしまい、恐縮しつつ松川茶屋をおいとますることにしました。

別れ際、中村氏に「これからどちらに行かれます?」と尋ねられ、「萩之浦閘門の跡を見にゆこうと思います」と答えました。そう、中村氏のご教示がなければ、その存在に気づくこともなかったであろう、あの萩之浦閘門です!

そのいきさつはすでに「富山港・知られざる閘門?!」、その後の解明編として「『富山港・知られざる閘門』の図面が!」で詳述しているので、ぜひご覧いただきたいと思います。

河道整理と同時に河口港を分離築港した、「河海分離」後の舟航維持策として建造された閘門の例としては、酒田港~最上川の下瀬閘門(『下瀬閘門跡を訪ねて』参照)がありますが、撤去後も痕跡が残り、説明板で顕彰されもしている下瀬閘門にくらべ、萩之浦閘門はほぼ跡形もないのが大きな違いではあります。それがわかっていても、いやそれだからこそ、現地をこの足で踏んでみたい思いは強くあったのです。

211004.jpg
富山駅前から数えて6㎞あまり。堤防上の道をひたすら走り、萩之浦閘門のあった富山市草島102付近に到着。この道の曲がり具合! あの曲がったあたりが、閘室の北側護岸の位置だったんだよなあ‥‥。「知られざる閘門」の地を踏んだ感慨に、しばししみじみと立ち尽くすおっさん。

とはいっても、ここまでならGoogleストリートビューで、自室にいながらにして見られる光景。現地を訪ねられただけでもよしとは申せ、せめて、何か痕跡めいたものを見つけたい気持ちがあるのは、いうまでもありません。

211005.jpg閘室比定地から西側、神通川を望んだところ。Googleマップの写真では、水際にちょっとした凹部が見られ、唯一のよすがになりそうと期待していたのですが‥‥ご覧のとおり、法面と高水敷は夏草と蔦か何かで分厚く覆われ、足を踏み入れるのもためらわれる状況でした。

く~っ、残念! 川向こうにそびえる富山火力発電所を眺めながら、唇を噛んだことではありました。
撮影地点のMapion地図

(29年9月23日撮影)

(『萩之浦閘門跡を訪ねて…2』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村
関連記事

タグ : 松川 松川遊覧船 萩之浦閘門