FC2ブログ

8月19日の晴海橋梁…2

(『8月19日の晴海橋梁…1』のつづき)

210011.jpgRC桁に設けられた待避所。薄い床板に、持ち送りなどの補強が見られない分、何とも頼りなげな印象です。アングル材で組んだ手すりが微妙に歪んでいますが、船にコツンとぶつけられたことでもあったのでしょうか。

人道橋化するとなると、このあたりの処理も気になるところ。どこまで原形を活かせるでしょうか。横浜の「汽車道」の例が参考になりそうですね。

210012.jpg
中央径間を晴海側から見て。むらなく錆びているせいか、あまり悲壮感はないように思えるのですが、豊洲側にはタワーマンションが立ち塞がり、水際もテラスが整備されて、この橋がすっかり孤立してしまっていることを感じさせます。

210013.jpg

210014.jpgローゼ桁とRC桁を載せた橋脚、支承のアップ。流れ出た錆が星霜を感じさせます。この橋脚にも銘板が掲げられていますね。橋脚全てに銘板が付された例、他にもあるのでしょうか。

右はアーチリブのアップ。吊り材の継ぎ手先端を細めたり、何ていうんでしょう、放射状の梁もテーパーが付いており、無骨なようでいて、細部への気遣いがなされたデザインに見えるんですよね。

210015.jpg
そして裏側を仰いで。この上を歩ける日が来るのかなあ‥‥。

同じ都専用線の橋でも、豊洲橋梁は早いうちに撤去されましたが、あちらはやはり桁下高が低く、通航の支障になっていたことが大きいと思います。そういった意味では、晴海橋梁は桁下高の高さゆえに生きながらえた、といえるかもしれません。

(29年8月19日撮影)

(『8月19日のトリさん』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村
関連記事

タグ : 春海運河 晴海橋梁 橋の裏側