8月13日の新砂水門

(『8月13日の巡視船艇』のつづき)

209046.jpg
昼食にいったん戻り、午後一番はまず、新砂水門を通ってみることにしました。すでに何度か触れたように、新しい水門の建設工事が続いており、前後の区間を含め交互通航が実施されています。

幸い雲もだいぶまばらになってきて、明るい表情の水門を眺めながらの通航待ち。右手に見える警戒船から白旗が振られ、水門の電光掲示板に緑の〇が出たところで、先に待っていたクルーザーに続航。警戒船に手を振って水門をくぐります。

209047.jpg
馴染みの風景ですが、すでに更新のタイムリミットが切られたとなれば、数年のうちに見られなくなるのは必定、まめにスナップしておくにしくはなし。

209048.jpgそうそう、扉体が閉まったところ、いまだに見たことがないんですよねえ。平日の点検運転日に、一度訪ねてみたくなります。

ここで警戒船から、スピーカーで「ブログ読んでますよ!」と声がかかり、びっくりするやら嬉しいやら! 暑気厳しい折、どうかお身体にお気をつけて、ご安全に。


209049.jpg水門の径間を出た直後、鋼矢板囲壁の手前にもやっていた、ユンボ搭載の浚渫船が見えました。船名は「港907号」。

先日、橋の上から見て間なしというのもあるのでしょう、全く逆の視点からの眺めは、いつもより際立って新鮮に感じられたものでした。当たり前といえばそうですが、不思議なものです。


209050.jpg
狭窄部を振り返って。これも今しか見られない水路風景、あだやおろそかにはできますまい。我が艇のような木っ端ブネでも、ちょっと狭いなと感じられるくらいですから、ガット船の通航時はさぞ緊張させられることでしょう。
撮影地点のMapion地図

(29年8月13日撮影)

(『8月13日の上平井水門』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村
関連記事

タグ : 新砂水門 砂町運河 浚渫船

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する