広島の水上バスが?

そうそう、一つコレハ! と思った一件があったのだった。忘れないうちにきちんとメモしておこう。ちなみに一人で気づいたのでなく、幣ブログでも「エスエスNANO1」ほか乗り組みでおなじみ、ZEN船長のご指摘によるものです。

208016.jpg
25年6月23日、ああ、初めて見る小型水上バスタイプの船がいるなあ、と何の気なしに撮ったこの船。「6月23日のフネブネ」で紹介しました。

白い船体は薄汚れ、窓ガラスはすすけ、船底塗料もはげちょろげて、見るからに長い間放置された様子です。

208017.jpg甲板室後部の側面、「勝どき」のロゴの下に「IZAKAYA CRUISER KACHIDOKI」と書かれており、帰宅してから検索はしてみたのですが、特にそれらしきものはヒットせず、正体はわからずじまい。

何分、道々に撮ったフネブネの一枚だったので、忘れてそのままになってしまいました。ZEN船長からご指摘があるまで、一度見た船影をすっかり忘れていたのですから、お恥ずかしい限りではありますが‥‥。で、4年ぶりに前歴が判明したのです!

208018.jpg
広島の水上バス、「スイスイ」!

ご指摘にアッと思って、全体のフォルムから窓配置まで、照らし合わせてみるとまさに同一船体。いや、さすがに早とちりかな? 少なくとも略同の、同じ図面から起こされた兄弟船には違いない! 21年7月5日、広島訪問時に何度も出会い、写真も数枚撮っていながら感づかないとは、おつむの老化ぶりに情けなくなります。

208019.jpg
以前、「水上バス『カワセミ』のこと」、「『クイーンリバー』時代の『カワセミ』の写真を‥‥」で、水辺ラインの「カワセミ」が、大阪で活躍していたのを回航され「里帰り」したこと、また回航時の写真を撮っていた方がおられたことを紹介しました。

写真の船が「スイスイ」だとすれば、それよりはるかに遠い広島から瀬戸内を通り、遠路はるばる回航されてきたことになります。こういった低舷側浅喫水の河用客船を、海上回航するには様々なご苦労があると思います、一度担当された方のお話をうかがってみたいものですね。

遠く瀬戸内から波涛を越えて、東京の川にやってきた「スイスイ」(かどうかはわかりませんが)。4年前に撮った様子では、せっかくの苦労も報われないような落魄ぶりでしたが、その後どうなったのでしょうか。どこか、よい落ち着き先があったことを、願わずにはいられません。

そうそう、「スイスイ」の履歴に触れたサイトがありました。「遊覧船すいすい(ピンク色)」(廣島ぶらり散歩)によると平成元年就航、22年7月引退とのこと。これが本当なら、引退後間もなく東京に回航されたことになります。他の水上バスや遊覧船についても、広島の川のことなら実に詳しく調べられているサイトです、ご一読をお勧めします。

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村
関連記事

タグ : 水上バス 旧江戸川 元安川

コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

No title

「すいせい」ではなく姉妹船の「るんるん」だと思います。
2010年1月に広島で撮影されている方がいます。
http://yutaka901.fc2web.com/page1alx03.html
「勝どき」は2010年1月に芝浦の船だまりに既にいました。、とても汚れた状態で。なお、船体に記載の電話番号は「タカハタマリン」の番号で芝浦はタカハタマリンの船の係留場所。関東造船から消えたのはミャンマーに行ってしまったことをアニバーサリークルーズ号の船長(5人の共同オーナーのうちの1名)から聞きました。

Re: No title

>Voyagerさん
ご指摘、また回航後の興味深い情報、ありがとうございました! また、ご指示の点については、コメントを別途コピペして表示させていただきました。

ご指摘をいただきながら恐縮ですが、冒頭の点だけ少し確認させてください。頂いたリンク先、私が本文でリンクさせていただいたサイトと同一で、そこには「るんるん」はの写真は掲載されておらず、「すいすい」の写真のみですよね?

ご指摘によると、「るんるん」は「すいすい」と同時就航した同型船、ということでよろしいのでしょうか。そうであれば、ZEN船長のご発言と「廣島ぶらり散歩」さんの記事の謎が解けました。両者ともこの点説明がなかったので、いま一つピンと来ておらず、円形の「るんるん」を指しているのかな?と思っていました。広島時代の「るんるん」の写真など、裏が取れるものが何かあるとよいのですが。

No title

円形の小型船、今も「るんるん」と「すいすい」があるようです。
JCIの船舶番号を照合してみてはいかがでしょうか?「すいすい」は293-22290のようでした。2010年1月に芝浦で見かけた際の姿を確認すると、屋根に上がる梯子が陰になっていますが、最後の末尾の数字が「0」でなく「1」のように見えます。「るんるん」の姿はネット上では確かに見当たらないのですが、当初「すいすい」と「るんるん」で始まっているようです。
http://yutaka901.fc2web.com/page1alx03b.html
記述文章にもあるのですが、どちらに乗ったのか覚えていないようですので、おそらく同型船だったのでは、と思います。
なお「勝どき」は2011年10月頃は築地川、浜離宮の水上バス乗り場から見える角度の所に係留されていました。築地ボートクラブの船舶撤去で、2013年春頃にクイーンメリッサとともに関東造船の前に移動したようです。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する