ゲートブリッジをお散歩…5

(『ゲートブリッジをお散歩…4』のつづき)

207041.jpgゲートブリッジのど真ん中を踏んだ記念として、先ほどから何度か見たコレの、「橋梁中央」バージョンを記念撮影。

もっともご覧のとおり、昇降口を起終点とすればど真ん中ではなく、中防側の昇降口までは720mなのだそう。中防昇降口が解放されるのは、中防水路が閉塞された後になるのかなあ‥‥。

さて、帰路は下り坂ですからだいぶ楽で、東側の眺望もダーッと開けて、往路とは違った楽しさがありました。足取りも軽くトラスを抜けて、桁区間の半ばまで来ると‥‥。

207042.jpg
ツヤツヤ、モフモフの可愛らしいカラス君が、目の前の高欄に舞い降りたのです! 瞳も黒々とつぶらで、実にハンサムというか、美人というか。

実はこのカラス君、先ほどからこのあたりを、カアカア鳴きながら上になり下になり飛び回っており、桁下に巣でも作っていて、通る人を威嚇しているのかしらと気になっていました。ここまで近くに来てくれるとなれば、人馴れしているとしか思えません。

207043.jpg
まったく逃げるそぶりを見せないので、こちらも気をよくしてカメラをパシャパシャ。我々の方を向いて、カア、カア! としきりに何かを訴えています。盛っているときのような、剣呑な感じは全くせず、穏やかに話しかけられている感じです。餌をねだっているのかな? 誰かに餌付けされているのでしょうか。

「ごめんね、ゴハンはないんだよ」と話しかけると、カラス君はしきりに首をかしげた後、風に乗ってファサファサと垂直上昇し、監視カメラの上に留まってしまいました。

207044.jpg
人懐こくて、本当に可愛いカラス君だったなあ。トリ好き冥利に尽きる出会いに満足して、若洲昇降タワーへ戻りました。

207045.jpgここは橋への出入口の1階上に、展望スペースがあります。トラスが見える側は密閉されているので、眺望はそれなりですが、寒さが厳しい時期は、ここから眺めるだけで止めておく、という選択肢もあるかもしれません。

ともあれ、いつも下から見上げてばかりのゲートブリッジ、初めて歩いてみた新鮮さと眺望もさることながら、橋自体を堪能できるよう、行き届いた造りだということがわかりました。今度はお弁当持参で、あの休憩スペースで昼食といきたいですねえ。

(29年5月28日撮影)

(この項おわり)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村
関連記事

タグ : 東京ゲートブリッジ 東京港臨海大橋 水辺の鳥たち

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する