5月7日の川景色…4

(『5月7日の川景色…3』のつづき)

207016.jpg穏やかではあるものの、あいにく雲はますます厚くなってきました。豊洲新市場の建物を撮ってみましたが、外壁が白っぽいこともあり、せっかくのスマートな外観も冴えないことおびただしいものが。

桟橋も設けられているので、魚介運搬船の運用も続けられるであろうと見ていますが、どうなんでしょうか。続くとすれば、春海運河に新たな船影がお目見えすることになりますね。

207017.jpg豊洲の先端をかわし、東雲運河に入って、例によって飛ばしていると‥‥。
あっ!!
東雲水門のセクターゲートが!


いや、昨年9月10日にも見たように、この径間が閉鎖され、大規模な工事に入っていたことは知っていましたが、まさか径間ごと廃止・閉塞されてしまったとは!

207018.jpg
近づいて減速し、その見事な塗り込められっぷり(?)をしみじみ眺めて。操作室や信号はそのままで、径間のみきれいにコンクリートで埋められたさま、計画高水位に合わせた高さがあるだけに、何とも質量過剰というか、圧倒的な光景です。

思えば廃された水門を、過去にいくつか見てきましたが、これほどまでに豪快かつ徹底したやり方で、大規模なものは始めてです。しかもこれが、都内で見られるというのも凄いことのような。

207019.jpg
そして上流側の塗り込め具合も。まだ中には足場が組まれていて、工事が続いているようです。水路部分も完全に埋め立ててしまうのでしょうか。以前、工事中の様子を見たときに、角落しでなく、わざわざ外から鋼矢板で塞いでいることを、おかしいと気づくべきでしたわ‥‥。

まあ、水門をくぐった内水に、揚搭設備がなくなってすでに久しく、すぐ北には橋が控えていたとなれば、セクターゲートの役目はとうの昔に終わっていたといえば、そうですが‥‥。やはり水に浸かりっぱなしの扉体、しかも少数派タイプのゲートとあって、ローラーゲートにくらべて大きな維持費がかかるのでしょう。
撮影地点のMapion地図

207020.jpg
新砂水門と併せ、運河地帯の東西にセクターゲートが構えている、というのは、自分にとって何か象徴的に感じられ、いわくいいがたい嬉しさがあったものでした。ともあれ、昭和40年の竣工以来、お疲れさまでした。

撮影の方はカメラマンさんにお任せしていたので、自分の目についたものばかりになってしまいましたが、「銀座百点」の皆様にも大変お世話になりました。ありがとうございました! この日撮られた川景色の数々は、ぜひ「銀座百点」7月号のカラーページにてご覧ください。

(29年5月7日撮影)

(この項おわり)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村
関連記事

タグ : 春海運河 東雲運河 東雲水門

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する