飛鳥木場の閘門…2

(『飛鳥木場の閘門…1』のつづき)

206145.jpg法面は草ぼうぼうで、歩けるのは護岸の天端のわずかな幅のみ。平均台の要領でじりじり進んで、何とかここまで近づきました。扉体は見えなくなったけれど、今はとにかく銘板を撮りたい一心です。

しかし、近寄って見上げるほどに、褪色や錆が目につき始め、本当に稼働状態にあるのか心配になるほど。周囲がしんと静まり返っていることもあって、少々不安をかきたてられる雰囲気ではありました。

さてカメラを向けると、モニターに写し出された、バイパスゲートのものらしい計器類が気になってきました。銘板を狙う前にまずは小手調べと、こちらを先に撮って見てみたら‥‥。


206146.jpg
手前のグレーのボックスには、「水位計盤(内潮位)」とプレートが貼られ、窓からメーターが顔を出していました。時計のように2本の針があるのは何でしょう、メートルとセンチとか、指針で単位が違うのでしょうか。

右奥に見えるグリーンの計器盤が、バイパスゲートの開度計ですね。水位計盤の向こうに立ちあがっている筒は、ゲートのスピンドルを収めたさやに違いありません。

206147.jpg
ズームを最大近くまで効かせて、堰柱の銘板を撮ってみたら‥‥あらら、残念ながら、判読が難しいくらいのはげちょろげ。その上何やらパイプがかぶさって、肝心なところを隠している始末。

それでもモニターで拡大し、目を凝らして解読(?)を試みると、スペック部分はさておき、「西部第二区閘‥‥」「石川島播(?)‥‥」と、かろうじて判読できました。どうやら閘門の名前は「西部第二区閘門」、製造は石川島播磨重工業のようですね。貯木場も西部第3・西部第4貯木場ですから、この名前には納得できます。

206148.jpg
貯木場側のゲートは、接近もままならずこれ以上如何ともしがたいので、海側のゲートに向かってみることに。いや、どちらが前扉室か後扉室か、何とも区別のしようがないので、このままいかせていただきます。

クルマがビュンビュンゆきかう県道71号線の歩道に出ると、ゲートが高速道路とのすき間から顔をのぞかせていました。これを渡って向こうへ行くのは、ちょっと難しいなあ。不便なところをせっかく訪ねたのだから、どうにかならないものかと、ウロウロしていると‥‥。

206149.jpg‥‥‥‥歩道のさる場所から、簡単に閘室の横に降りられることが判明。ちなみに何かを破損したり、危険な行為は一切しておりませんええ本当に。

まことに、まことに申しわけございません!
閘門の魅力には抗しきれず‥‥。

(29年5月3日撮影)

(『飛鳥木場の閘門…3』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村
関連記事

タグ : 西部第2区閘門 閘門 木場金岡埠頭貯木場

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する