フジテレビ「ノンストップ!」に…

204041.jpgフジテレビの情報番組「ノンストップ!」よりお声掛けいただき、5月2日放送のゴールデンウィーク企画「東京再発見! 水路の旅」の解説役として出演してまいりました。

アガリ症は治癒する気配を見せず、相も変わらずお恥ずかしいかぎりではありましたが、それでもロケの道々に、合間を見ていくつかスナップをものすることができました。以下、お目汚しまで掲げさせていただきます。
「続きを読む」をクリックしてご覧ください
204042.jpg
出発地は、勝鬨橋簡易船着場でした。スタッフにご挨拶した後、さっそく様子を見にテラスへ出てみると、まだ水上バスの行き交う時間帯の前で、曳き波もなく川面は穏やか。艇はベイワイズさんの所属艇で、センターコンソールのフラットボートに、随伴艇としてヤマハ27FTの2隻でした。

スケジュールでは、茂森橋をくぐる時間帯が早かったので、万が一のことがあってはと、船長にお願いしてマストを外していただくことに。写真はマストの取り付けボルトを抜いて、作業中の船長。お手を煩わせ恐縮です‥‥。

204043.jpg
ちょうど対岸に、月島川水門が見えたのでズームで一枚。更新工事竣工後の姿は初めてです。筋交、勘亭流もどきの行灯式銘板、渋めの塗装や造作と、大島川水門ほか近年更新のそれと、軌を一にするデザイン。

更新前は、巻上機室の左右は丸みをつけ、堰柱の半円柱部分とラインが合わせてあったのですが‥‥。今回見てみると堰柱はそのまま、巻上機室のみ角ばった造りにしてしまったため、以前の姿を知っている眼からすると、ちょっと違和感がありますね。

204044.jpg
日本橋船着場で上陸、「ニホンバシ イチノイチノイチ」での撮影が終わってから、お昼休み。せっかくなので日本橋の上から、フネブネにカメラを向けてみました。

観光船の出船入船が、引きも切らない高架下を眺めるのは楽しいもの。曇っていた空もすっかり晴れて、高架下にも陽が差し込み、明るい感じに。

204045.jpg
我々の乗ってきた艇がもやう前に、達着しようと転回中なのは、水路上でたびたびお会いしている、ZEN船長の操縦する観光船「エスエスSerenade」。

実はこの前、達着→上陸シーンを撮っている際にも、「エスエスSerenade」が先にもやっており、制服も凛々しいZEN船長の姿に気づいていたのでした。何分カメラが回っていることとて、声をかけることもできず、熱い視線で念波(?)を送るに留まりました。

204046.jpg
こちらが随伴艇として活躍した、ベイワイズさんのヤマハ27FT。大干潮時に狭水路での撮影行、ご苦労も少なくなかったと思われますが、巧みな操艇で撮影隊をサポートしておられました。お世話になりました!

204047.jpg
終着点、駒形橋簡易船着場で下船シーンを撮る準備中、ゴミ運搬のプッシャーバージが下航してきた! 午前中とはうって変わって抜けるような青空、光線の具合もよく、たまらずカメラを構えました。これぞ平日の贅、業務船の活躍する姿が堪能できて、まあ嬉しいこと。

204048.jpg
もっともこの後、川床をあつらえたフレンチレストラン「ナベノ-イズム」で、馴れないお食事シーンの撮影に緊張で汗だくとなり、穴があったら入りたい心持ちだったのですが‥‥。それでも晴天と澄んだ空気の中で、川床から眺めた景色は予想以上に素晴らしく、スカイツリーや橋も夕陽に輝いて、一幅の絵のようでした。

好きな川景色を、違った視点から眺められる(この手のお店にはあまり縁がないこともあり)のは貴重な体験で、この点ありがたく思ったものです。出演者そしてスタッフの皆様、大変お世話になり、ありがとうございました!

(29年4月28日撮影)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村
関連記事

タグ : 隅田川 日本橋川 曳船 月島川水門 高架下水路

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する