4月16日のさくらしべ降る水路…7

(『4月16日のさくらしべ降る水路…6』のつづき)

204031.jpg

204032.jpgやってまいりました、スカイツリーの櫓下。お天気なので、も少し賑やかだと思ったのですが、両岸の人出は見たかぎりぱらぱらと、河上は観光船もおらずカヤックのフリート数隻のみ。

入ってすぐ左手、テラス上にささやかながら満開の桜が1本。小さくとも、フッと目線が吸い寄せられるのですから、その磁力というか、えもいわれぬオーラといいましょうか、ともかく不思議なものです。

204033.jpg
定番の角度から一枚、その2。季節柄、抜けるような青空は望むべくもありませんが、厚着をしなくとも艇上で過ごせるこの暖かさ、やはりありがたいもの。

204034.jpg
向かい風を利用して首尾よく転回、京成橋を抜けたあたりで、水面近くにたゆたう亀‥‥スッポンを発見! ほっ本当にスッポン? まあ、ここはスッポンということにしておきましょう(適当だな)。
いうまでもなく、木っ端ブネ一同は騒然(笑)。

北十間川で、普通の亀は見たことがありますが、スッポンは初めてです。しかし、よほど弱っているのか、我々が近づいても、ときどき首や手足を動かすだけで、一向に潜ろうとはしませんでした。

204035.jpg日本橋川などでは、結構な数の亀をみかけますから、川に彼らを活かすに足る、餌となる生物があることになります。スッポンがいるとなると、うっかり川に落ちたりできませんねえ、などとひとしきり盛り上がる艇上。

スッポン騒ぎも落ち着いたところで、北十間川を東航することに。テラスにもところどころ、小さな桜が植わっていて、可愛らしい咲きぶりを見せてくれました。この木が大きくなったら、北十間川も華やかになりそうです。


(29年4月16日撮影)

(『4月16日のさくらしべ降る水路…8』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村
関連記事

タグ : 北十間川 江東内部河川 水位低下化河川

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する