4月16日のさくらしべ降る水路…6

(『4月16日のさくらしべ降る水路…5』のつづき)

204026.jpg
新たに造成したテラスの上に、えらくこんもり繁ってしまっている木(草?)が‥‥。法面に生えていたものが張り出してきたのでしょう。まだ床面を仕上げていない、コンクリートの生地が日照で暖まっているとか、木の生育によほど好環境なナニカがありそう。

フェンスの向こうは、旧江東水上バスの亀戸船着場。テラスに取り込まれた形になってしまいましたが、前進した護岸にもフェンダーは備えられているので、船着場としての機能は今後も活かされるのでしょう。

204027.jpg
このあたりも仕上げ前の床面に、等間隔で土嚢が置かれ、時間をかけて落ち着かせている様子。テラスは橋の前後で途切れている例も少なくありませんが、栗原橋の下はちゃんとつながっていますね。

先ほどの汐浜運河同様、粗い密度ながら桜の花びらが点々と浮いて、春先の川面らしい雰囲気を盛り上げます。左手橋詰に散りかけの桜が一本見えますから、ここから飛んできたものでしょうか。

204028.jpgテラス建設が進む横十間川を後に、こちらは造成がほぼ成った北十間川に入りましょう。とはいっても、丁字流とその前後はまだ、水位低下化前の鋼矢板護岸そのままで、長らく手が付けられていない状態。何か理由がありそうですね。

橋台を含めてリニューアルされた、ビュースポットとして知られる十間橋‥‥ええと、ものいいをつけて恐縮ですが、「じっけんばし」ではないんでしょうか。

204029.jpg

204030.jpgやはりここを訪れたからには、定番の一枚を撮らずにおらりょうかと。季節柄シャープさには欠けますが、いいお顔が拝めて嬉しいです。

何度も同じことを繰り返して申しわけない。この「北十間川方式」とでもいうべき、法面の植栽には訪ねるたびに感心させられます。こういうデザインをされた方のお話が載っている雑誌とか、広報紙とかがあったら読んでみたいですねえ。
撮影地点のMapion地図

(29年4月16日撮影)

(『4月16日のさくらしべ降る水路…7』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村
関連記事

タグ : 横十間川 北十間川 江東内部河川 水位低下化河川

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する