12月31日の運河風景

(『船橋港の水門と水路めぐり…16』のつづき)

200146.jpgおっと、積み残しがあった‥‥。しつこいですが、抜けるような青空と、風穏やかな冬の天候は、舟行きにとって宝物といっても、いい過ぎではありません。文字どおり、目に入るものすべてが輝いて、どの水路を通っても、曇りの日の数倍(当社比!)は素晴らしく見えるのですから。

というわけで、船橋探索の帰り道に眺めた、大晦日のフネやら橋やら、もろもろをまとめてみました。

「続きを読む」をクリックしてご覧ください
200147.jpg
20kt超で快適にプレーニングして、荒川沖まで帰ってきました。往路より少し波が出てきましたが、暖かい時期のそれにくらべれば、実に可愛いレベル。

そうだ、第三航路を通って、ゲートブリッジを眺めながら帰ろう。この晴天なら、きっと素敵な表情が見られるに違いありません。

200148.jpg
第三航路に入りました。微風なので、遠景のビル群あたりには薄霞がかかっているものの、冬の澄んだ空気で充分シャープ。

200149.jpg
若洲側。光の塩梅もよろしく、トラスの魅力全開。

200150.jpg
中防側。反射ギラリ、いいですねえ。

200151.jpg
13号地貯木場近く、浚渫船団ですね。手前の浚渫船は船名はわかりませんでしたが、「峰岸浚渫」の社名が読めました。みんなここで、歳を越すんだろうなあ。

200152.jpg
辰巳運河から運河地帯へ。右径間に、オレンジ色の角落しをはめ込んで、工事中の辰巳水門。

200153.jpg
スロットルをさらにしぼり、東雲北運河に入ると、動くものは木っ端ブネを認めて逃げるオオバン君(ごめんね)くらい。静謐な青い水面を、そろりそろりと。

暁橋の向こうで、ゴオッと京葉線が通過。一瞬静けさが破られてたものの、すぐに元の静まり返った水路風景に戻りました。

200154.jpg
年末恒例、曳船の松飾りを目にすると、やはり嬉しくなってカメラを向けてしまいます。さっぱりと拭きあげられ、索具も整頓されて船も嬉しいでしょう。良いお年を。

200155.jpg
最後は墨田川造船、建造中の巡視艇「あわぎり」で〆ることに。11月20日に訪ねたばかりなので、目立った進捗は無いように見えましたが、しんと静まり返った水面に、銀色の生地を残した艇が浮かぶ風景は、どこか幻想的。こちらは建造中だからでしょう、松飾りはありませんでした。

(28年12月31日撮影)

(この項おわり)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村
関連記事

タグ : 東京港 東京ゲートブリッジ 辰巳水門 辰巳運河 東雲北運河 巡視艇 浚渫船

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する