船橋港の水門と水路めぐり…4

(『船橋港の水門と水路めぐり…3』のつづき)

200041.jpg栄水門の管理橋をのぞけば、海神川(?)ではじめての橋くぐりです。京葉線に湾岸道路、そして東関道と橋が集中する、湾奥の水路ではおなじみの光景が、ここにもありました。

近づいてみると道路だけでなく、水管橋も複数併設される集中渡河点で、仰いだときの交錯する面白さもなかなかのものです。


200042.jpg

200043.jpg橋をくぐりながら、魚探の感に目を向けてみると、いったん2m台後半まで上がった水深が、なだらかな斜面を描いて3m台に入ってゆくところでした。流速はごく緩いとはいえ、潮とのせめぎ合いがある最下流部ともなれば、河口に近い側に泥土が堆積し、少し浅くなるのはうなずけるところではあります。

とはいえ、安定した可航水深が確保されているのは、ここが単なる小舟艇の船溜に留まらない、もっと大きな用途があったに他ならないでしょう。

そう、上の写真にも、橋の上流側にチラリと見えていますが、ここは立派な実用舟航水路だったのです! そしてこれが、船橋を訪ねたくなった理由の一つでもありました。

200044.jpg
ズラリと並んだ、クレーン付き建屋群!

新旧、長短とスタイルもさまざまなクレーンが、水面に大きく張り出した姿を映しながら、軒を接してひしめき合う姿、まさに圧巻。 好天下、陽射しを浴びて輝く姿を、今日このときに拝めたこと、天に感謝したくなるような素晴らしい水路風景! 大げさではなく、一期の思いがしたものです。

200045.jpg
繋留船や障害物はないようだし、せっかくなのでぐっと寄せて、クレーンの真下から楽しむことにしました。地図によると、手前の二つが芝浦シャリング、その向こうは日鉄住金鋼板とあり、おなじみの古賀オールとご同業か、近い業種のようです。

もっとも、建屋の開口部は何らかの形で塞がれていて、工場は操業しているものの、クレーン群はすでに現役ではない様子。バージがひしめき、クレーンが唸りを上げて荷役していた、かつてをしのんでの鑑賞となりました。
撮影地点のMapion地図

(28年12月31日撮影)

(『船橋港の水門と水路めぐり…5』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村
関連記事

タグ : 船橋港 海神川

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する