11月20日の川景色…10

(『11月20日の川景色…9』のつづき)

199066.jpg
テラス工事が進行中の横十間川のスナップを2枚。基礎と護岸ができた後は、場所によりますがしばらく土嚢を積んで、盛り土を締めている光景を目にすることができます。

こちらはよほど環境がよいのか、雑草や蔓が土嚢の上に生い茂って、黒と緑のストライプに。このまま放っておいたら、土嚢がすっかり隠れて、草の土手になってしまいそうですね。

199067.jpg
江東水上バスの忘れ形見である、上屋付きの船着場・亀戸乗船場も、いつの間にかテラスに取り込まれた形になっていました。

前進した護岸にもゴムのフェンダーが取り付けられていたので、引き続き船着場の機能は活かすようですが、このままだと、接岸した船と岸壁との間に、大きなすき間ができてしまうので、使い勝手としてはどうでしょう。旧来のフェンダーを撤去して、すき間をなくすなどの工事は、これから行われるのでしょうか。

199068.jpg猿江恩賜公園のあたりまで南下してくると、本村橋をえらい数の人が渡っているのが目に入りました。そのうちの多くは河畔の桟道へと降りて、ぞろぞろとこちらへ向かってきます。

う~ん、何かイベントがあったのかしら? と横目で見ながら通過していたら、ほとんどの人がスマホに目を落としながら歩いている‥‥。あ、「ポケモンGO」で、このあたりがイイ感じのスポットになったのかも。

199069.jpg
この日は珍しく閘門様から荒川に抜けず、再び扇橋閘門のお世話になって、感潮水域に戻ることに。

後扉が上がった直後、水しぶきのカーテンの向こうに見えたのは、カタマランの観光船2隻に、カヤックも数隻と結構な通航量。出てきた観光船のお客さんに、手を振りながら「行ってらっしゃ~い!」と声をかけたのはいいものの、2隻ともUターンして再度入閘。‥‥むう、ちょっと気恥ずかしいですのう。

199070.jpg後半は少し雲が多くなりましたが、秋らしい穏やかなお天気で、よい近場のお散歩でした。最後は運河の柵に憩う、羽づくろい中のトリさんたちの姿を。

この何年かで、写真の黒い鳥、オオバン君がえらく数が増えて、他の水鳥を圧倒しているような気がするんですが、実際はどうでしょう。どこか気の弱そうなしぐさが可愛らしく、夕暮れの川面でクォッ、クォッと聞こえる鳴き声も風情があって、好きな鳥ではあるのですが。

(28年11月20日撮影)

(この項おわり)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村
関連記事

タグ : 横十間川 小名木川 砂町運河 江東内部河川 水位低下化河川 扇橋閘門 閘門 水辺の鳥たち

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する