11月20日の川景色…7

(『11月20日の川景色…6』のつづき)

199051.jpg旧小原橋跡も、どうやらお変わりないようです。旧小原橋の橋脚に、旧々小原橋の木製橋脚、三角頭の航路標識と、かつてがしのべるディテールも健在。

ホッとした反面、川面から眺めると、工事用のフェンスで塞がれたままの旧橋台など、仮設のまま整理されず、雑然とした感が否めません。「放置感」は味わいの一つではあるものの、気になる点ではあります。

199052.jpg
東武亀戸線橋梁の裏側を仰いで。コレの先代橋は、満潮時にレールまで水に浸かっていたわけで‥‥(『東武亀戸線橋梁のひたひた緊迫写真』参照)。

199053.jpg

199054.jpg踏切の音がしたので、ニュートラルにして待っていると、間なしに電車がゴォッと通過。2輌という短編成の電車を見られる可航水路は、都内広しといえどここだけでしょう。

亀戸線をくぐった前方、左手の堤防天端が切り取られた部分は、昨年4月「4月29日の内部河川…2」の時点で、機材搬入口として設けられたと思しき場所です。あっ、その先の右手!

199055.jpg
北岸のみとはいえ、ついにS字屈曲の東端までテラスが到達したか‥‥。水位低下化以前の記憶が、急速に薄れてゆくのを感じさせる光景ではありました。
撮影地点のMapion地図

(28年11月20日撮影)

(『11月20日の川景色…8』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村
関連記事

タグ : 北十間川 江東内部河川 水位低下化河川 橋の裏側

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する