FC2ブログ

古川再訪…1

6001.jpg昨日5月3日は、日中は薄曇が多く、午後からは南風が強くなり…と、ベストとは言えませんでしたが気温は高く、川走りにはまずまずのお天気でした。

準備を整えて、いざ運河に出てみると…おや、水のコンディションがあまり良くありません。絵の具を流したように赤茶けて、ペラがかき回した航跡も、心なしか泡立ちがいい(?)ような…。ここ数日、気温が急に上がったせいでしょうか。今までも、降雨の乏しい夏には、こうした色の水になったことがありました。

6002.jpg東雲運河を下り、東京港に出ると、水の色は急激に回復。やはりホッとします。

本日最初の目的地は、写真の日の出桟橋、水上バスターミナルのすぐ奥に河口のある、古川です。


6003.jpg日の出・竹芝の両埠頭に挟まれたここは、竹芝運河という、全長わずか200mのミニ運河。古川の河口は、この奥になります。

Doblog「水路をゆく」をお読みくださっている方は、よくご存知と思いますが…、古川は、金杉橋近くのギッシリぶりに怖気をふるった、17年8月以来の訪問。トラウマ(?)があったとはいえ、よくぞ足掛け5年もうっちゃっておいたものだと、変なところで感心してしまいました。

6004.jpg海岸通りの橋梁集中区間を抜けると、首都高・浜崎橋ジャンクションの曲線道路が頭上にうねる、ある種東京の川を象徴するような風景が広がります。

4本のうねった道路を束ねたあたりが、竹芝運河の終点です。



6005.jpg左手には芝浦運河地帯のメインライン、芝浦運河の入口。東芝浦橋の向こうに見える水門は、古川水門なのですが、よく考えてみると、古川には全く接していないんですよね…。

さて、足掛け5年、実質3年半ぶりの古川再訪、何か新しい発見はあるのか、そして、トラウマは克服できるのでしょうか…。

撮影地点のMapion地図

(21年5月3日撮影)

(『古川再訪…2』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村
関連記事

タグ : 古川 古川水門 東京港 竹芝運河 高架下水路 水上バス

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する