11月20日の川景色…5

(『11月20日の川景色…4』のつづき)

199041.jpg横十間川との丁字流にさしかかったところで、クローバー橋を仰いで一枚。

いつも同じような角度で見てしまいますが、十字をなすその交点に、ルーバー状の飾りがさも意味ありげに並んでいれば、嫌でも目線が吸い寄せられます。ある意味、通航船からの視線を意識したデザインといってもいいでしょう。


199042.jpg
沿岸に点々と見え隠れする、紅葉した木々を拾いながら東進。静かな川面に、越中島線のトラスが姿を映していました。

小名木川貨物駅も姿を消して久しく、鉄道と水運の接点を物語る遺構は見られなくなりましたが、テラスの整備と同時に、コンクリート堤防がぐっと低められて、水面からもトラスの全貌が眺められるようになったのは嬉しいことでした。

199043.jpg

199044.jpgそれにしても、清々しいばかりに真っ直ぐ、東西に伸びゆく直線水路! かつては幾多の小堀割を従えて、大河川連絡の重責を担ったメインライン中のメインライン。分派していた大小の堀割は、この数十年でほとんど埋め立てられましたが、それがかえって、生き残った小名木川の存在を際立たせたのかもしれません。

おなじみの船路ではあるので、最近ではあまり水深を意識することもなくなったのですが、たまたまこのあたりで魚探の感を撮っておいたので、メモ書きとして。微細な凹凸はあるものの、ご覧のとおり安定しています。




199045.jpg
番所橋をくぐって小名木川と別れ、旧中川に出ると、目の前に広がる大島小松川公園の森が、ところどころ紅葉していてなかなキレイ。ここがスーパー堤防の法面であることを、一瞬忘れさせるような木立ちの濃厚さではありました。
撮影地点のMapion地図

(28年11月20日撮影)

(『11月20日の川景色…6』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村
関連記事

タグ : 小名木川 旧中川 江東内部河川 水位低下化河川

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する