インクラインが写ってる!

ささやかな一件ですが、心覚えとして。今年の5月、阿賀野川を訪ねたのがきっかけで、鹿瀬ダムに舟航用インクラインがかつてあったことに気づいた件は、「鹿瀬ダムにインクラインがあった!」「道の駅「阿賀の里」に向かう」ですでに触れました。

大きな落差を持つダムに、舟航施設が備えられていたことを知っただけでも大興奮で、その後も折に触れては目ぼしい史料を当っているのですが、なかなかよいものに当たらず、ため息をつく日々。何枚か絵葉書を手に入れたものの、そのものズバリというものが見つかりません。

197017.jpg
新潟縣阿賀野川 東信電氣鹿瀬發電所堰堤
宛名・通信欄比率1:1、大正7年4月以降の発行。切手欄に「OK Oriental Photo Paper's」の銘あり。

昨日、まとめて入手した数枚を、ルーペ片手に改めて眺めていました。上に掲げたのはその一枚、ゲート天端に万国旗らしいものが飾られ、右下の橋の上(スゴイところに造ったものです!)に人影がちらほら見えるところから、竣工直後の記念式典の光景でしょうか。

ゲートを全径間フレームに収めた、絵葉書にはもってこいの構図ですが、左下、黒くごちゃっとしているあたり、肝心なモノが写り込んでいたのにようやく気付いたのですから、何をかいわんやであります。トリミングしたのが下の写真!

197016.jpg
インクラインの線路が! 左の四角いのは、台車かしら?

上空から撮ったものを眺めたかぎりでは、ここは築堤っぽい土盛りをした区間のはず。やはりここから、放流しているゲートが見えたんだ!

あれこれと妄想していた、インクラインに乗った舟や筏からの視点と近い風景が眺められて、いやが上にも気持ちは盛り上がります。ゲートが吐き出す大瀑布と、放流の轟音を視界いっぱいに堪能しながら登る船頭や川並たち! 国内ではまれな、勇壮かつ豪快な舟航風景であったことを、ますます確信して一人感動するおっさんでありました。

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村
関連記事

タグ : 阿賀野川 鹿瀬ダム インクライン 絵葉書・古写真

コメント

No title

先日、鹿瀬ダムを見学する機会があり、
そこでいただいたプリントにインクラインについてもすこし記載されていました。

昭和40〜47年 ダム・ゲート取替工事
昭和42年9月 インクライン施設廃止
昭和46年1月 インクラインのあった鹿瀬ダム右岸に第二鹿瀬発電所の新設工事着工
の時系列とのことです。

また、以下のような写真も載っていました
http://imgur.com/a/UAfoQ

Re: No title

ありがとうございました!
「堰堤便覧」のたぐいを見ても、インクラインに一言も触れられていなかったりと、
あきらめかけていただけに、嬉しさもひとしおです。
昭和42年まで現存していたとは驚きました。舟航インクラインとしては、
長命な部類ではないでしょうか。
写真も素晴らしいですね。いつか見学に伺いたいです。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する