イグアナ讃歌…2

(『イグアナ讃歌…1』のつづき)

199006.jpg木立ちの北端が視界の左に去ってゆくにつれて、岸壁の奥が開けてきました。
あっ!

見慣れたグレーのトラス、間違いない! イグアナクレーンは健在で、緑のそれは新しいイグアナクレーンだったことが判明。いや~、ホッとしたと同時に、これから「旧」イグアナクレーンとお別れしなければならないと思うと、複雑なものもあったのですが‥‥。

199007.jpg
新旧2基が仲良さげに並んで、四肢をふんばった姿を汐見運河の水面に映している情景が目に入ると、今しか見られない、貴重極まりないこれを、全力で眺めてやろうという気持ちが湧き上がってきました。次に訪れたときには、もう旧クレーンがなくなっている可能性が高いのですから。

199008.jpg
幸い、周りに他の艇はいないようだし、思うさま鑑賞できそう。最微速で流しつつ、近寄りながらまずは汐見運河東口をそのまま航過、側面を眺めてみましょう。

しかし、見れば見るほどそっくりですね。用途や移動用レールの都合から、形が似てしまうのはわかるにしても、四肢の取付角といい、トラスの斜材のピッチや数といい、一見したかぎりでは、同じ図面から起こされたように感じられるほどです。

199009.jpg
近寄ってみて驚かされたのは、今まさに組立作業の真っ最中であったこと。写真は脚の付け根をズームでたぐったところですが、高所作業車のゴンドラに作業員の方が見えますね。

足場や重機の存在から、組立の途中であることはわかっていたものの、休日であるこの日も作業を続けていたとは思いませんでしたから、びっくりしました。それほど完成が急がれているのか、単に平日は荷役の邪魔になるため、組立ができないのか‥‥。

199010.jpg
ほぼ側面から。グリーンの塗装、薄雲を刷いた空をバックにしても、よく映えて目立ちますね。

この時点で気づいた新旧の違いといったら、運転室の背面にある換気扇のフードらしいものと、何かの配管のあるなしくらい。いや、これほど似ているということは、旧クレーンがそれだけ理にかなった、他をもってして代えがたい形だったのだと思わざるをえません。
撮影地点のMapion地図

(28年11月20日撮影)

(『イグアナ讃歌…3』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村
関連記事

タグ : 曙北運河 汐見運河 イグアナクレーン

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する