秋の水郷三昧…15

(『秋の水郷三昧…14』のつづき)

198071.jpg巻上機室を眺めていたら、窓ガラスに小鳥が何度も体当たりしていることに気づかされました。扉体を吊り下げるワイヤーの開口部からでしょうか、室内に迷い込んで出られなくなったようです。小鳥の写真は撮れませんでしたが、窓ガラスに糞の痕が幾筋か流れているのが見えるでしょうか。

トリ好きとしては見過ごすことはできず、公園内の説明板にあった河川事務所の番号に電話したところ、代行しているコールセンターにつながり、対処を約束してくれました。無事でいるといいのですが‥‥。

198072.jpg

198073.jpg堰柱の道路側にあった銘板を2点。上は鋳物風にあつらえた水門本体、右のエッチングタイプは扉体のものです。もう45年になるのですね。

上の銘板、下から枯草やら羽毛やらがはみ出て、明らかに鳥の巣があったと思しき雰囲気。こんな狭いすき間でも、難なく出入りしてしまうのですから、巻上機室に小鳥が迷い込んでしまうのも、無理はありません。


198074.jpg
車列のすきを見て県道を渡り、公園側に戻りました。せっかく来たのですから、日の当たっているところの表情を一枚。

ちなみに小鳥が入ってしまった巻上機室は、向こうの一本(十六島側)。こうして見ている最中にも、ガラスにぶつかったり、窓枠に留まったり‥‥。気が気ではありませんでした。どうか河川事務所の人が来るまで、無事でありますように。

198075.jpg
さて、ご本尊・横利根閘門に向き直りました。橋の上から前後のゲートだけでなく、閘室内も望める絶好の鑑賞スポット。通航シーンが拝めたら、最高なのですが。
撮影地点のMapion地図

(28年11月6日撮影)

(『秋の水郷三昧…16』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村
関連記事

タグ : 横利根水門 横利根閘門 横利根川 閘門 水郷

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する