春の嵐と消防艇…2

(『春の嵐と消防艇…1』のつづき)

5006.jpg客船待合所の前まで来ると、それまで埠頭に平行して走っていた消防艇たちは、縦陣のまま沖に向かって回頭してゆきます。

艇のスピーカーから、号令らしきものもかかったので、どうやら埠頭のデッキ上に、観閲官がいる想定のようですね。


5007.jpgあっ、こちらでしたか。
消防庁の方らしい数名が、演習の様子を見守っています。

本番のときは、この場所に偉い方が立って、各艇からの敬礼を受けるのでしょう。



5008.jpgおお、こんなに近くまで寄ってきた…。
消防艇と同じく、ハルを赤く塗られたPWCも2隻いて、激しい波にピッチングしながら、高速で走り回っています。後ろに引いている小さなラフトみたいなものは、何でしょうか。

仕事とはいえ、この海象で演習をするのは、さぞかし大変でしょう。ご苦労さまです…。

5009.jpg豊洲側には、消防艇隊の旗艦的存在、「みやこどり」の姿が見えました。しかし、この強風下、貼りついたようにピタリと停止して、船位を保ち続ける操船の見事さ…ため息が出るようでした。

風は全く衰えを見せず、気温も低くないのに、肌寒くなってくるほどです。

5010.jpg一度は左右に離れた2隻のPWCが、ふたたび接近して行き合う陣形運動と同時に、沖の2隻から、ついに放水が始まりました!

息苦しいほどの強風が続いているものの、これは帰るわけには行きますまい。寒いのはガマンして、もうちょっとねばってみよう…。

(21年4月26日撮影)

(『春の嵐と消防艇…3』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村
関連記事

タグ : 消防艇 春海運河 東京港

コメント

五月のご挨拶です

お早うございます。
ゴタコダしているうちに早や新緑の五月です。
ドブログの障害があって、「人の情け」の有難さに改めて気づかされています。
目下は久しぶりに消息のつかめた人も多く、旧友にめぐり会ったみたいな心境です。
今月も、よろしくお願いいたします。
では、また。

Re: 五月のご挨拶です

ありがとうございます。
皆さんも私同様、引越しにお忙しいことでしょうね…。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する