秋の水郷三昧…1

198001.jpg
11月6日は、久しぶりに水郷を訪ねてきました。まっすぐ十六島は水生植物園前を目指し、東関道を飛ばして1時間30分で到着。県道101号線、水郷佐原水生植物園入口を右折したところで、抜けるような青空をバックに一枚。

河水の匂いが混じったさわやかな秋風と、平坦な十六島の、この清々とした視界の広さ。「水郷に来たんだなあ」という実感が、改めてこみ上げてきました。そして秋晴れに恵まれたこと、週末ごとに曇りか雨が続いていただけに、まさに水郷日和、まずは嬉しい出だしであります。

198002.jpg
サッパを模した看板を掲げた塔は、与田浦の派川、長島川の河畔です。古びたRC橋の上から、与田浦方を望んで一枚。

ああ、いいなあ。サッパが河岸棒をついてもやい、草生す岸辺を河水が洗うひたひた具合、何べん眺めても見飽きません。

198003.jpg水生植物園前の駐車場に到着。ちなみに水生植物園、来年3月まで改装工事中につき休館中、広場もすっかり掘り返されて、土ぼこりが舞っていました。

乗り場に向かおうとすると、何やら変わったクルマを乗せたトラックが‥‥。あっ、アレ、「フジキャビン」じゃないですか? クルマに疎いおっさんでも知っている、FRPモノコック構造の珍車です。意外なところで、意外な出会いがあるものですね。

198004.jpg
さて、今回は中洲船頭組合さんにお世話になりました。以前のように、飛び入りでいつでも乗れるというわけにはいかなくなり、予約が必要ということは聞いていたので、朝一番に電話してOKをもらい、すっ飛んできたというわけです。

乗り場に向かうと、2人のおばさんがこちらへ歩いてきて、「電話をくれた方? こりゃずいぶん早く着いたねえ!」と、ニコニコお出迎え。間なしにサッパも着桟して、静かだった桟橋に活気がみなぎってきました。

198005.jpg桟橋をのぞいて驚いたのは、すぐ近くの水面に、一羽の白鳥が浮かんでいたこと。くちばしの上に黒いコブが見えますから、コブハクチョウというのでしょうか。水郷で白鳥を見るのは、これが初めてだと思います。

仲間もいない一人ぼっちなのに、サッパがもやっても逃げるそぶりもなく、どこかもの欲しげで、何とも可愛らしいもの。おばさんたちとは仲良しなのでしょう。
撮影地点のMapion地図

(28年11月6日撮影)

(『秋の水郷三昧…2』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村
関連記事

タグ : 水郷 与田浦 長島川 水辺の鳥たち

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する