10月16日の辰巳運河…3

(『10月16日の辰巳運河…2』のつづき)

196011.jpg
湾岸道路、高速湾岸線のそれぞれ上下線をくぐると、次はりんかい線。旧江戸川から有明西運河に至るまで、湾奥に開口する水路の流末が、似たような橋梁過密地帯になるのは、いわばお約束ですが‥‥。

196012.jpg最終橋であるこの新末広橋、一見飾り気のない桁橋ながら、橋脚上に2ヶ所バルコニーが設けられているところ、橋自体が「曲がった橋」であるなど、他の橋梁過密地帯とくらべて、わずかながら個性が感じられます。

西詰に東雲駅、その北側には東雲の中心市街を控えていることから、橋も憩いの場としての機能が求められたのかもしれませんね。


196013.jpg新末広橋をくぐってぐっと視界が開け、最初に目を引かれるのはやはり、左手前方はるかに広がる、13号地貯木場の柵列。

柵内にもやうクレーン船のジブが、逆光の叢雲をバックに林立する光景、ちょっと暗く撮れてしまいましたが、悪くありません。



196014.jpg
そして辰巳運河を離脱した瞬間、左の内貿埠頭に接岸する本船たちがズラリと見渡せる! 何やらおトク感のある眼福な光景であります。

喫水を深々と沈めた船、荷役を控えているのか船底色を晒した船、フネと、国内物流の拠点らしい活気にあふれた雰囲気、よいものです。

196015.jpg
あまり時間もないので、ここでスロットルを一杯に倒し、デッドフルで滑走状態に移行しましょう。曇りのおかげもあって幸い水面は静穏、文字どおりの滑るような走り心地です。

全速で飛ばしながら眺めた杭打船、不動テトラの「第6不動号」をスナップ。天を衝く警戒塗装の櫓が、曇天を背に見せる不敵な表情。貯木場の囲いの中、許可が得られるのなら一度でいいので、入れてもらって業務船見物してみたい‥‥。先日出会ったロータリーボートも、この中で働いていたのかもしれません。
撮影地点のMapion地図

(28年10月16日撮影)

(『10月16日の旧江戸川』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村
関連記事

タグ : 辰巳運河 東京港

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する