10月16日の辰巳運河…1

196001.jpg入渠整備のため、例によって江戸川へ回航したのですが、その道々で拾った川景色をいくつか。午前中、晴れの予報を得て出てはみたものの、ご覧のとおり雲が多く、少々やる気を萎えさせてつつも運河へ。

工事中で交互通航の新砂水門、朝の輻輳する時間帯とあって、写真のように渋滞することも。新水門が竣功するまで、「水路の渋滞風景」がしばらく見られることでしょう。

196002.jpg
時間に余裕があったので、少しだけ遠回りしてみようと、しばらくご無沙汰していた辰巳運河を経由してみることにしました。

六叉流を左へ切ると広がるのは、こげ茶の塗装が薄手の桁をきりりと引き締めている辰巳橋と、右手に林立する天を衝くタワーマンション群が織りなす、エッジの立ったシャープな風景。

196003.jpg
水路幅が広がるあたり、右手に見えるのは都所有の桟橋、もやっている二隻は左から「ありあけⅡ」と「かもめ」。このすぐ右手には、都港湾局管理下の全水門を集中制御している、高潮対策センター都港湾局HPより)があるのだそう。

ん? 改めてよく読んでみると、最後に「※廃止予定の呑川地区4水門を除く」とありますね! 羽田周辺の船溜群を守る小さな水門たち、近い将来に撤去されてしまうのかしら‥‥。4水門と船溜については、「南前堀…1」以下のシリーズをご覧ください。

196004.jpg水門の予告信号と航路標識を備えた斜張橋、辰巳桜橋も曇り空に逆光とあっては、間近から見上げてもちょっとサエない表情。右手の東雲から対岸、有楽町線辰巳駅へのほぼ唯一の道とあって、結構な通行量です。

左に見える辰巳水門は、径間を一つ閉鎖し、手前にクレーン台船もいて工事中。標語が大書きされた巻上機室を見上げながら、スロットルをしぼって右径間へ。こちらからだと暗く沈みがちだけれど、くぐった向こうなら、少しは明るい表情が拝めるかしら。

196005.jpg

撮影地点のMapion地図

(28年10月16日撮影)

(『10月16日の辰巳運河…2』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村
関連記事

タグ : 砂町運河 辰巳運河 新砂水門 辰巳水門

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する