9月10日の日本橋川・神田川…5

(『9月10日の日本橋川・神田川…4』のつづき)

195046.jpg
微速で流していたら‥‥ん? わずかにエンジンが息をつくというか、回転にムラがある感じ。休航が長くなったので、どこか不調が出たのかなあ。

船着場も繋留艇もない区間ということもあり、周りに行き会い艇がいないことを確認してから、少し増速して走ってみたら収まりました。インテークにゴミでも引っかかっていたのか、カブリでしょうか。振り返ると、4球のグローブ灯を持つ美倉橋が、午前中の陽を浴びていいお顔に撮れました。

195047.jpg

195048.jpg左衛門橋から下流は、ご存知船宿街の船溜区間。手前から十分減速して、引き波を立てないよう最微速で。

右は三浦屋さんの屋形の一隻、奇抜な電飾で有名な三浦屋船隊、オーソドックスな屋形もライニングの色遣いがどことなく派手な感じ。折り畳み式の一本ミヨシって、どこの船宿が創案したんでしょうね。まさかこれも三浦屋さん?


195049.jpg浅草橋の風格ある銘板と橋側灯(電球もガラスも失われていますが)を眺めながら、下に目を移せば、水面の反射に陰翳をつくるリベットの星空(?)、その向こうの繋留船群‥‥。この角度、好きなんですよね。

和泉橋から下流の上路式鋼アーチ群は、同タイプでまとめて粒のそろったところも魅力ですが、惹かれる理由の一つに、このリベットと曲弦、それに適度な低さのハーモニーである、プラネタリウムのような眺めがあるように思えます。

195050.jpg
隅田川に出て下航し、両国橋をくぐったすぐ右手、これまた可愛らしい塗装のクレーンを載せた台船が。

両国橋の橋詰近くに、まだ足場が残っているところから見て、改修の残工事に携わっているのでしょうか。ピンク地に白の水玉、どこかカルピスの包み紙を思わせる絵柄でした。
撮影地点のMapion地図

(28年9月10日撮影)

(『初秋の隅田川』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村
関連記事

タグ : 神田川 隅田川 橋の裏側 台船

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する