東雲水門、なお工事中

(『業務船で始まる』のつづき)

195006.jpg
台船の横まで来ると、角落しで塞がれた径間が見えてきました。電光掲示板はもちろん「通行止」の表示、閉じられた旋回橋には「航行禁止」の横断幕と、たたみかけてきます。

竣工までは、きっと何年かかかるでしょう。この状態を目にすると、ああ、もう少し余分に通っておけばよかった‥‥と後悔の念が湧きあがってきますが、後の祭りです。

195007.jpg

195008.jpgさらに近づいて、横からよく見てみたら、角落しは鋼矢板を横にしたものなのに気付きました。また、左右の戸溝に当たるコンクリートの肌、まだ新しいことから、このために新設したとみて間違いないでしょう。ここはゴムフェンダーがあって、既設の戸溝は切られていませんでしたから。

反対側は、台船がぴったりと接して、のぞき見ることはできませんでした。両端を鋼矢板でふさぎ、径間の全長に渡って排水するのですから、思った以上に大規模な工事のようです。

195009.jpg
おなじみローラーゲートも一枚。他の水門は、扉体や巻上機室の更新時に、堰柱の補強工事も行われる例が多いようですが、東雲水門の場合、工事が長期に渡った割には、堰柱は従来のままですね。

何年もかけて基礎の改良をしていましたし、他の中小型の水門と違い、構造には十分な強度があると判断されたのでしょう。ともあれ、更新成った姿がどのようなものになるのか、楽しみに待つことにしましょう。

195010.jpg東雲水門をくぐってすぐ右手、旧豊洲埠頭の付け根にあたる部分は、大きく凹んだ湾入となっており、護岸上はテラス化が進行中です。

今回、通りすぎながら眺めていたところ、最奥部にご覧のようなスロープが造られているのを発見。スロープの延長線上の水面には、黄色い航路標識が見られ、背後にも取り付け道路らしきものが設けられていることから、ピンときました。これ、水陸両用バスの泛水施設じゃないか?

帰宅後に検索してみたら、正解! 「豊洲〜お台場を結ぶ水陸両用バス!東電堀に船着場(スロープ)が建設中」(とよすと)によれば、竣工予定は去る8月31日、お台場との間を結ぶ便が就航するとのこと。
撮影地点のMapion地図

(28年9月10日撮影)

(『9月10日の軍艦…1』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村
関連記事

タグ : 東雲水門 東雲運河

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する