7月10日の水路風景…15

(『7月10日の水路風景…14』のつづき)

194071.jpg
「ホタルナ」の船尾を追いながら、隅田川派川との分流点までくると、永代橋のタイドアーチが足場で覆われており、遠目の印象ががらりと変わっていました。吾妻橋や両国橋と同じく、長寿命化工事に取りかかったようですね。

194072.jpgすっかり恒例となった、大島川水門の進捗観察。左径間、1番ゲートの工事が佳境に入ってきたようで、堰柱の間には足場が立ち上がり、近いうちに巻上機室が載せられそうな雰囲気になってきました。

左端に見える白い通船、見覚えがあると思ったら、「5月3日の西側河川…10」のとき、小名木川で出会った船でした。



194073.jpg
続いて、小名木川の西口を通り過ぎようとしたら‥‥おっと、ここの新小名木川水門も工事中なのでした、寄っていきましょう。

あらら、中央と右径間、2・3番ゲートが扉体、巻上機室とも取り払われ、こちらも大規模な更新工事のようですね。

194074.jpg台船と護岸の間に入り、1番ゲートに近づきながら仰いでみると、ブツ切りになった巻上機室の切断面に、取ってつけたような妻板がかぶさっているのに目を引かれました。

しかし、外観はそう痛んでいるようにも見えないのに、何やらもったいないような気もしますが、いざというとき十全に機能してくれなくては困る施設ですから、一定期間ごとの更新は必要なのでしょう。

194075.jpg
ゲートをくぐって河道中央に出て、東側から一枚。橋にせよ、水門にせよ、オリンピックが開催されるころまでには、外観はもとより、安全性ともに面目を一新することでしょう。川景色も、今とはずいぶん変わったものになっているに違いありません。
撮影地点のMapion地図

(28年7月10日撮影)

(『7月10日の水路風景…16』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村
関連記事

タグ : 隅田川 小名木川 大島川水門 新小名木川水門 水上バス 台船

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する