東雲運河


大きな地図で見る

東雲運河
所在地:東京都江東区枝川1~江東区豊洲6
延長:3.2km(+枝部0.4km)
最小水深:A.P.-4.0m
最小桁下高:A.P.+5.4m
メモ:江東運河地帯と、東京港西部を直結する運河。
北東端に、豊洲運河(青印)、平久運河赤印)、東雲北運河緑印)、砂町運河空色印)、辰巳運河黄印)が一堂に会する、実質6叉流という、都内最大の運河集中地点を有していることもあり、業務船・プレジャーボートを問わず通航は頻繁で、水上交通の要衝と言ってよい。
豊洲運河との合流点角地に、湾岸警察署・豊洲運河水上派出所(紫印)と、その桟橋施設があり、また区間のほぼ中央には、東雲水門(4径間・青鋲印)がある。
北東端の6叉流では、出会い頭の衝突事故が起きやすいので、進入時は徐航し、他の船舶に充分注意することが望ましい。
区間南西部、背割堤の南側水面は、旧貯木場で、現在大半が埋め立てられたが、釣りのスポットとして進入するボートも見られる。なお背割堤は、かつての東京港外郭線を形成していた、防波堤の一部が、埋立の進捗によって取り残されたもの。
水路をゆく 過去ログ」で東雲運河を検索
水路をゆく・第二運河」で東雲運河を検索

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村
関連記事

タグ : 東雲運河 東雲水門 豊洲運河水上派出所

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する